« 幼稚な自分   | トップページ | 使いきること »

2012年11月 7日 (水)

ひなたぼっこ

ぽかぽかの陽だまりに癒される日。山下さんちの奥さまから冬のお野菜をおすそ分けいただき、まだぴんぴんしてる大根の葉っぱざくっと根元から切って冷たい水でジャバジャバ洗って日向に干した。その隣で私も日向ぼっこ。
気温は日に日に下がっていってるみたいだけど、空気の透明度は上がっていっているような。
冬は寒くて苦手だけど、このキーンと張り詰めた透明の空気の目の覚めるような冷たさは嫌いじゃない。もうじき、そんな季節がやってくるんだわ。


 お昼にまゆちゃんとかずなさんが来てくれた。ふたりとも、主婦でありながら、いい意味で主婦っぽい匂いをまったく感じさせない人たち。
好きなことを仕事にしている人たちでもあるので、それぞれが自分を満たす方法を知っているんだよね。主婦にありがちな愚痴とか不満とかそういうものも、ぷぁ~っと吹き飛ばせる軽やかさを持っている人たち。一緒にいるととても楽。
 家事、子育てにおわれながらの日々の中で、あるときふと「私、このままで終わりたくない」と決断し、即、アロマの勉強を始めたというかずなさんの行動力には感動した。
体の話とか、栄養の話とか、ためになる話も盛りだくさんで、かなり得した感ありだった。
 この歳になると、新たに勉強しようとかってなかなか思えない自分ではあるが、彼女を見ていたら、「好きだからできちゃう」っていうのがすごくシンプルに伝わってきて、好きなものはどんどん好きになっていいんだ、っていう勇気をもらった気がした。たぶん、まず「好き」が先で、そのあとに「勉強」がついてきて、そこからどんどん深まっていく感じなんだろうな。

そしてしゃべりながら、彼女たちの共通な部分を見つけてしまった私。
ふたりは上に立つべき人だなぁと思った。(あくまでも個人的な感想)
得た知識や感動を多くの人に分けてあげる役目にある人たちだなぁと。私だったら、「〇〇だと思うよ~」とか「〇〇なんじゃないかな~」みたいな曖昧なニュアンスになりがちなことを、彼女たちは「〇〇は△△」みたいにブレない着地点をちゃんと持っているということ。だから相手を安心させるんだなぁと思った。
それもすべて、かなりの経験を重ねた人しかできない技だ。技というより、使命感みたいなものかも。それをまっすぐに貫く彼女たちの姿はとても頼もしくてほれぼれした。
 まゆちゃんの、「私、このあと仕事!」とか言って、すぐにチャンネルの切り替えができる熟練された技にも感動。私だったら絶対ムリだもん。

そんな彼女たちのエネルギーのおすそ分けをさりげなくいただき、そしてなんとなく気持ちも緩んで心地いい感じになった。
最近思うんだけど、こういう緩み方ってすごくいいなって。若い頃は、いわゆる「スゴイ人」と呼ばれるような人に出会ってものすごいパワーいただいてギンギンになるのが好きだった自分ではあるが、もうそういうのって正直疲れちゃう。
自分の波長に近い人たちと緩~く一緒にいるほうが好き。多くの言葉を交わさなくとも、お互いがどこかで繋がっているのを感じながら一緒にいるのが。こっちのほうが私的にはずっと刺激的だ。
「スゴイ人」って実は自分の身近にいる人たちだということに最近気づいた私でもあるので。


夜は王子の町の仕事を手伝い、ご近所を一緒にまわった。オレンジ色の窓の明かりには弱い私ではあるが、王子が隣にいてくれたのでほのぼのした気持ちで眺めることができたよ。

|

« 幼稚な自分   | トップページ | 使いきること »

コメント

昨日はありがと♪
どんな時でも切り替えちゃいますよ~わたくし♪寝てるときもね(笑)

ミキサーほしいよ~

投稿: まゆちゃん♪ | 2012年11月 8日 (木) 11時20分

>まゆちゃんへ♪
え!!寝てるときも?!

さすがだわ!∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

さっそく
ミキサー貯金を始めた私よ( ̄▽ ̄)

投稿: メロディ♪ | 2012年11月 9日 (金) 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/47763550

この記事へのトラックバック一覧です: ひなたぼっこ:

« 幼稚な自分   | トップページ | 使いきること »