« 原始的~ | トップページ | よけいなシンパイ »

2012年11月18日 (日)

どきどきな日曜日

 「明日までにこの仕事仕上げなくちゃ、、、」と、まるで宿題の締め切りに間に合わなくて焦りまくる小学生みたいな王子のハラハラが伝わってきて、ドキドキしながら過ごす日曜日。宿題は遅れても許されるが(基本許されないけど)、仕事となるとそうはいかない。責任重大だ。間違いも許されないので常に緊張していなければならないし。日曜日とて緩まらない王子、大変だなぁと思い、不器用ながらも少しだけお手伝いする。

 午後は足りない部品を買いに大須に走る。とにかくタイムリミットがあるので、必要なものだけさくっと買って寄り道なし。とか言いながら、途中誘惑に負けてハワイアンバーガーの店に立ち寄る。肉ジューシー、バンズふわふわ、ソースとチーズたっぷりのアメリカンタイプ。口の周りケチャップまみれにしてだけどそんなこと気にしなーいっていう旨いハンバーガーに久しぶりにありつける。ハンバーガーはこれでなくっちゃ!
 なんとなく気持ちも満たされ、その足で仕事の打ち合わせにと山下家へ向かう。
山下さんといえば、がたいが大きくてどっしりしたパパ というイメージであったがここ半年くらいでダイエットされて体の厚みが半分くらいになっていたのだけれど、今日お会いしたらさらに薄くなっていてびっくり。もうそれ以上痩せないで!というメッセージを残して帰ってきた。
しかしながら、ゴハンを食べなくても(山下流ダイエットは一日1食だそう)ばりばり仕事をこなして、どんどんかっこよくなっていくところはさすがだなぁと思った。なんでも一流は違う。

 戻ってきて、王子は仕事の続き。ときどき私手伝う。タクミはベットの上でプロレス。
せっかく来てくれたタクミも、今週末は私も王子も相手にしてあげられず奴も一日じゅうひとりでテレビ観たり、プロレスしたりして過ごしてた。パジャマのままで。
まぁ、奴にとってはそういうのも含めてここが良くて、来るのだろうけど。
でもさすがにこのまま帰すのはかわいそうだなぁと思い、晩ごはんを一緒に作ることにする。
今夜はプデチゲ。しいたけとかネギとかソーセージとか、いろんな具材をタクミに切ってもらう。スープの味付けもしてもらい、結局ほとんど彼がやった。いつの間にか頼もしくなっているなぁと、こういう何気ない日常の中で子供の成長に気づいたりする。しかも、もう「子供」って雰囲気じゃない。すっかり野郎だ。
 で。とりあえず晩ごはんに。食卓に鍋が登場する率が断然高くなるシーズン。鍋を囲む幸せを噛みしめる季節でもある。
鍋のとき、王子の器によそうのは私の役目。王子は絶対に自分ではやらない。これは私の今までの過去の数々の遍歴からしても、初のパターンであった。もうすっかり馴染んだけど。
その様子を見ていたタクミも、王子の真似して「よそって!」とばかりに器を私の前に突き出す。ここがおもしろいところ。昔一緒に暮らしてた頃はこんなことしなかったのにね。
男どおしの何か???

ポッカポカになって、タクミを駅まで送っていき、王子はまた仕事の続きにとりかかり、隣であんまり役に立たないながらも、ちょっとだけお手伝い。
「今夜は徹夜になりそうだ」と、まさに気分は受験生。さて、どこまで起きていられるだろう。どきどきハラハラな夜は、まだまだ続きそうだ。
ほんとはとっても眠いんだけど、、、。コーヒー淹れてこようっと。

|

« 原始的~ | トップページ | よけいなシンパイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/47890668

この記事へのトラックバック一覧です: どきどきな日曜日:

« 原始的~ | トップページ | よけいなシンパイ »