« ココロの友だよ | トップページ | ぽかぽかな日 »

2012年10月25日 (木)

ココロ柔軟に

フラメンコへ。今週はちょっと疲れ気味なので家でのんびりしようかな~、でも休んじゃうとみんなについていけなくなっちゃうしな~、どうしようかな~、、、などと逃げ腰の気持ちばかりが頭をよぎったけど、結局「考えるひまあるんだったら、体動かしちゃったほうが早い」っていうところに行き着く。
そういう無駄な時間は人生を短くしてしまうなぁと反省する。

でもやっぱり行って正解。今日はギター合わせだった。
音楽が入るだけで、踊りに色がつく。ワクワクする気持ちがおさえ切れず肩に力が入ってしまい師匠に何度も注意される。こういうとき、冷静に体の芯のほうで音を感じる、というのがポイントになってくるのだけど、自分の場合は表面で感じてしまうので、どうしても幼稚な踊りになってしまう。深いところで感じそれを噛みしめながら踊る、というのが本来のフラメンコらしい。師匠がよく「フラメンコは苦しみなのよ」と言っているその意味はそういうことなのだな。(自分はまだできてないけど)
大人の踊りだなぁと思う。

だけどやっぱり音に乗って踊るのって楽しい。ひとつひとつの動きにも想いが入って、そこに命が宿る感じ。いつもの体だけしか動かしていないところに、感情がプラスされるだけで、こんなにもすがすがしい気持ちになるんだぁと何かがすかーーーっと抜けた気がした。気持ちの揺れ動きって大事なんだわ。
そして今日はめずらしく師匠に「少しずついい感じになってきたよ」と最後に言ってもらえた。師匠がそれを、私のレベルまで降りてきてくれて言ってくれていることがわかってそこが嬉しかった。自分なんてみんなと比べたらまだまだなのに、私が私なりのレベルで努力したことに師匠は気づいてくれたのだ。さすがだなぁ。
なのでもっと頑張ろうって気持ちがまっすぐに湧いてきた。(褒められて伸びるタイプです)


体動かして汗もいっぱいかいて気持ちがすっきりして帰ってくる。
シャワーをさっと浴びて仕入れ仕込みと駆け抜ける。

夜、仕事帰りの王子に映画に誘われ眠い目をこすりながらレイトショーを観にいく。“最強のふたり”という映画、もはや寝てる場合ではないというくらい自分の過去に経験したことそのままという感じで最後まで一気に観てしまった。
大親友だった障害を持つ彼女とは、十数年まえに悲しい別れ方をした。でも幼い頃から私たちが培ってきた絆は決して消えることはなく、人生のどこかでまた会えるとなんだか希望が湧いてきた。おそらく彼女も私と同じことを思っているだろうということも。

 ココロを体を柔軟にしたとても濃い一日だった。

|

« ココロの友だよ | トップページ | ぽかぽかな日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/47592933

この記事へのトラックバック一覧です: ココロ柔軟に:

« ココロの友だよ | トップページ | ぽかぽかな日 »