« 腰痛すっきり | トップページ | カラダでわかる »

2012年10月12日 (金)

秋の風

 夕方のひんやりした風が、あまりにも淋しくて、いてもたってもいられないという感じ。王子に何度も「淋しいねー」メールを送ってしまったほど。(バカね)
どうやら子供の頃から、この「風」というのが自分の中のテーマらしい。風に気配を感じたり、風が想いを運んできたり、風に包まれて癒されてみたり、、、。
この時期の風っていうのは、とくに沁みてくるものよね。自分の中に眠っているある感情が、この時期になるととたんに溢れてきてしまうというのもそういうこと。
風が何かを教えてくれてるのだわ。


今日は朝と昼間と夕方と、3度も買い物に出た。というのも、仕込みしながら「あれがない、これがない、これを入れたらきっともっと美味しくなる」などと気づくことが多くて、そのたびにスーパーへ走るという感じ。
これと同じようなことで普段の生活の中でも、ある用事をあらかじめひとつにまとめたら一度ですむことを、わざわざ小分けにしてやる、というのがある。たとえば自分が1階の部屋にいて2階にとりに行かなきゃならないものを事前にきちんと頭を整理して考えていれば一度でまとめて持ってこれるようなものの、自分の場合はその都度気づくたびにとりに行くので何往復もしてしまう、というような。無駄が多いというか、ただ単に要領が悪いということか。
こういう頭悪い人間はね、事前に考えて行動するだなんてできなかったりするのよ。(ひらきなおりかよ)
想いは常にフレッシュなので、手間はかかれど遠回りだろうと、そのときどきの感情で動く、これしかできないのよ。
おかげで普段ほどんど運動なんてしなくとも、知らず知らずのうちに鍛えられてる感ありありだ。(ポジティブ)

しかもこうやって一日に何度も近所のスーパーに出没していると、必ず知ってる人に会ったり、子供たちに「メロちゃーん」と声掛けられたりして、いいこともいっぱいあるし。
さらに今日は朝、スーパーへ向かうときに道で会った通勤途中のお姉さんが、なんと夕方にも同じ場所で、今度は帰宅途中の彼女に遭遇する、というおもしろいことがあった。

 数年前までは、栄や錦に入り浸っていたこの自分が、もうすっかり北名古屋人になっている。電車もほとんど乗らないし、酔っ払ってタクシーのお世話になることもなくなったし、道で寝ることももうない。ちょっと前まではそのことに、ほんの少し物足りなさを感じたものだけど、これはこれでなかなか楽しいもの。自分の行動範囲が家とスーパーの間でしかないこの感じというのもわるくない。自分の足元を温めているようで。
イケイケな感じはそれはそれで楽しいのだけど気づくと自分が空っぽになってたりするから。もうこれからの人生は慎ましくありたいもの。自分を温めていこう。


 夜仕事を終え、王子が「インスタントの味噌煮込みうどんでカルボナーラ」を作ってくれた。(王子の得意料理)
ここのところ作る中心の生活だったので、久々に誰かの作るゴハンで癒された。
「誰かが作ってくれる」、もうそのことだけでお腹もココロも満たされるんだよね。

|

« 腰痛すっきり | トップページ | カラダでわかる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/47430531

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の風:

« 腰痛すっきり | トップページ | カラダでわかる »