« 鍵盤とわたし | トップページ | 外反母趾が »

2012年9月 6日 (木)

人恋しい

フラメンコへ。 要するに私は人が恋しいのだ、だから人がいるところに行くのだ、 を実感。
毎日家にこもる生活なので唯一、外の空気を吸って、友達がいて、しかも没頭できるものがあるというこの日は、自分にとってすごく貴重、宝物みたいな時間。気の知れた仲間だし、どんな自分をも受けいれてくれるそういう場所なので、そのままの自分で行けるっていう気楽さがいい。気楽すぎてちっとも踊りを覚えないという私であるが、これからの人生は行きたいところに行く、会いたい人に会う、、、それでいいんじゃないかな。そもそもそれが自然だ。

 今日もお姉さまたちの安定感のある優しさに包まれ、師匠の熱の入ったレッスンに愛を感じ、もうそれだけで行ってよかったって思えた。

ヨガの中で気づいたことと通ずることだけど、自分はどうやら両足できちんと地面を踏みしめて立っていないということ。体重をちゃんと乗せきれていない、つまりいつもフラフラ状態で立っているということだ。
なので今日は、足の裏をしっかりと意識してのぞんだ。指の先まで意識して踏みしめると靴の音もいつもと全然違う。まあるい音がするのだ。
 
さらに、踊りながら感情が高まってくると意識が上のほうにいってしまう自分に師匠が、「お腹で感じて!」と言ってくれたことが、今日の一番の収穫だった。自分の腹は、今までずっと謎のブラックホールだと思っていたが、ここはもしかしたら想いをためておく場所だったり、なにかを温めておく場所だったり、感じる場所だったり、、、すごおく大事な場所かもしれない。なんとなくイメージできたぞ~!
イメージすることは大事だし、なんでもイメージすることから始まる。
なのでそのあと、そのイメージで踊ってみたところ、師匠に「ムイビエン!」と言ってもらえた。
イメージの力、おそるべし、、、っていうか、それが私のヘナチョコ踊りを見ただけで分かってしまう師匠、、、さすがだなぁ。

レッスンが終わって、いつもみたいにみんなでたわいない話をしたりする時間もなんだかすごく大事に思えた。家に帰ればまたひとりだもの、、、と思うと尚のこと。
でもすっかりココロはチャージできたので、これでまた一週間越えられそう。
自分にとってのフラメンコは、今は踊れるようになることより、実はこっちが優先かも。
人は人に癒されるってほんとだな。


 夜はダラダラとテレビを見て過ごす。
なにか自分が頑張ったときって、このダラダラの時間が充実するんだよな。
頑張っていないときは、なんとなくダラダラが楽しくなかったりする。
ということは、なにごとも思いっきりやってみる というのがすべての基本なのだろう。

ところで今日この自分は、いったい何を頑張ったのだろう???。
 


|

« 鍵盤とわたし | トップページ | 外反母趾が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/46980175

この記事へのトラックバック一覧です: 人恋しい:

« 鍵盤とわたし | トップページ | 外反母趾が »