« ぼうっと過ごす | トップページ | 雨宿り »

2012年8月12日 (日)

蝉時雨

今日も王子は仕事。日曜日だというのに大変だなぁ。
そんな中、自分の日常だけはいつもと変わらず流れていた。
買い物に出ても、どこに行っても家族連れが多くて、なんとなく自分の内側がちくちくと反応してるのが分かる。
羨ましいというより、過去に経験した温かかいものをもう一度今ここで温めなおしている感じ。それが目に見えないものだから尚のこと愛おしく思えてくるって感じで。
単に自分の感情に酔っているだけだとわかってはいるんだけど、こういう時期ってある。
なのでさっさと買い物をすませ、家の中で過ごすことに。息子たちは元気にしてるかなぁ。

やることはある、だけど気持ちがのらない。こういうときの自分の判断は、「ならばやっても意味がない」というやつなので、ほんとに何もしなかった、というかできなかった。
我ながらそういうところは甘っちょろいと思うのだが、できないものは仕方ない。そういう自分をも認める、そんな年頃になってきた。諦めとは違う。

そんな弱っちい自分であるが、大きく強くなろうと頑張っていた時期もあるのだ。だけど結局自分は、自分好みの大きさに適当におさまるものだということもこの歳になって知ったりする。この自分を作るのは、紛れもなくこの自分だからだ。

この間夏のイベントでフラメンコを踊ったときに王子が撮ってくれてた動画を観てしみじみと自分の大きさというのを感じた。踊りがどうこうというよりも、自分の体からにじみ出ているものとか雰囲気とか、、、なんか弱っちいって。ヨガ部のときに撮ってもらった写真の中の自分も、実に小さくて、ふにゃふにゃな感じに見えた。
それ見て思わず笑ってしまった。
だってあまりにも自分が思っているような自分そのまんまだったから。人の姿にはその人が全部出る!というのは本当だわっ。


弱っちいながらもなんとか一日を過ごした。
蝉時雨が太陽の熱をよりいっそう暑く感じさせる。入道雲は、夏休みの絵そのものという感じ。

|

« ぼうっと過ごす | トップページ | 雨宿り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/46675062

この記事へのトラックバック一覧です: 蝉時雨:

« ぼうっと過ごす | トップページ | 雨宿り »