« ぐにゃぐにゃの自分に | トップページ | 懐かしい親友のこと »

2012年8月25日 (土)

若さって素晴らしい

悩みが悩みを呼び、悩みの中に埋もれてしまうときがある。そうなると、四方八方塞がれて身動きできないし、次に自分の前にやってくるであろう出来事さえも、“悩み”ととらえてしまうことがある。
要するにその場から抜け出せなくなってる状況だ。

ただひとつ言えるのは、今のその状況(ココロの仕組み)を作ったのは、紛れもなくこの"自分自身”であるということ。

だけどこの仕組みを簡単に変えることはむづかしいし、もしかしたら変える必要のないものかも知れなくて。

でももし、それを苦しく感じるのであれば、具体的な対策を考えるべきだと思う。

そのためには、今の自分自身の状況をしっかり把握しなくてはならないよな。
“悩み”と言っているそのひとつひとつの事柄も、もしかしたらそのときの自分の身を守るために必要な手段や決断であったのかも知れないし、(たぶんそう)そういう自分も認めてあげるという作業をしなくてはならない。結構それって苦しいけど、、、。

 今日、ランチに来てくれた若い女の子とおしゃべりしていて、感じたこと。


19の自分も、まさに彼女のように抜け出せない自分を作っていた。
だけど、若さゆえに足掻くことはできた。その場しのぎなんだけど、なんとか乗り越えることはできたんだよね。
でもやっぱり気づくんだよね。それってバカみたいって。何も変わらないって。
そのときの私は、"今”という場所から逃げることしか考えてなかった。今を知ることは怖かったんだよね。
 そのあと、結婚したり子供ができたりして自分の周りの状況がめまぐるしく変化していく中で、少しずつ自分の位置や居場所を見つけていったけど。

でもあの頃は本当に苦しかったなぁというのは今でもリアルに覚えてる。楽しいっていう言葉よりも苦しいことしか思い浮かばないなぁ。

 ぜひ彼女にも、迷って苦しんでその中から今の自分を見つけてほしいなと思う。あせることなく、慌てることなく、今を噛みしめながら。


そして19の私に、あのときはよく頑張った! と言える今の自分がいるということは、自分も人間的にちょっとは成長したということなのかな。

たぶん、そんなこと繰り返しながらこれからも生きてくんだろうな。平坦よりデコボコしてたほうが楽しいと思えるのも、それを実際に経験してきた自分がいるからかな。


う~ん。でも若さに優るものはないと思った。
おじさんおばさんにはないキラキラしたエネルギー。いいなぁ。

自分の若い頃なんて思い出してみたりして、普段あまり見ることのないココロの引き出しを開けてみた感覚。なんだかドキドキしてしまった。


ときどき必要だな。若い子たちのエネルギーから刺激をもらうということ。
吸い取るのではなく、交換。


|

« ぐにゃぐにゃの自分に | トップページ | 懐かしい親友のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/46825226

この記事へのトラックバック一覧です: 若さって素晴らしい:

« ぐにゃぐにゃの自分に | トップページ | 懐かしい親友のこと »