« 明日からまた | トップページ | 酔っ払い »

2012年8月20日 (月)

お盆明け

気持ちも体もよれよれだけど、朝から王子のお弁当作りなどをして気持ちを今に持っていく。
こういう気持ちのとき、誰かに素直にすがってみたらどんなに楽になるか、、、。子供の頃から思っていたことだけど、いまだ実践できず。
自分の中の答えを見つけるべく、とことん内側に向かう。だから苦しくなってしまうのだろうけど。
苦しいけど、おそらくこのやり方が自分には合っているんだろうと思う。そしてたぶん、その中で見てきたさまざまな風景があるからこそ、今のココロの仕事を選んだのだと思う。

孤独って決して淋しいものではなくて、自分の中の世界をとことん探求することなんだろうな。


「メロちゃーーーん」と言いながら走ってくる子供たちを見て元気100倍。
今日のパクパクも面白かった。
初対面の男の子たちと女の子たちが最初はまったく分かれてしまってどうしたものかと思っていたけれど、(メロディ先生的にはわざわざ一緒にする必要もないとも思ってる)時間の経過とともに少しずつ馴染んで打ち解けてきている様子がなんとも微笑ましかった。
お互いに照れくさくて、裏返しの気持ちを言葉でぶつけちゃうんだよね。
このときのポイントは、そんな子供たちの言葉を大人が否定しないことだと思う。

こういうとき、学校の先生とかだったら即、注意するのだろうけど、、、自分は完全に放っておく、、、というか、子供たちに任せるというやり方がパクパクではいいような気がして。
しばらく経てば、不思議なことに子供たちはその中から自分で答えを見つけ出すのよね、、大人としてはここが辛抱どころでもあるのだけど。 でもこれってすごいと思う。

毎回思うけど、ただ料理を習いに来ているだけじゃなくて、ここでは子供たちがいろんなことを感じたり気づいたりして、たくさんのココロの経験をしに来てるんだって。

みんなで食卓を囲んだとき、数が足りないおかずを分け合ったり、子供たちだけで協力してお皿洗いしているところなんか見たら、もうこれだけでパクパクやった意味ある!とか思っちゃう。

今日もたくさんのドラマを見た。子供たち、そして食材を持たせて送り出してくれたママたちに感謝。


夜は王子とだらだらテレビを見ながらのんびり過ごす。
王子の会社友達がインド帰りとかで、チキンカレーペーストをお土産にいただきさっそく作ってみたところ、箱の裏に書いてある文字がちっとも読めなくててきとうな感じになってしまった。だけどなぜか旨かった!
ついでにインドのこわい話もいっぱい聞いた。そんな中、よくぞ土産ものなど買ってきてくだすったと思うと、このカレーの味もよりいっそう貴重な感じに思えたよ。
それにしてもリュックひとつでインドをふらっと旅してきちゃうそのお友達、すげー!

|

« 明日からまた | トップページ | 酔っ払い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/46769228

この記事へのトラックバック一覧です: お盆明け:

« 明日からまた | トップページ | 酔っ払い »