« 親って勝手ね | トップページ | 暑いね~ »

2012年8月 6日 (月)

イテテ・・・の日

転んでばっかりの日。
ベランダの掃除をしようと水をじゃばじゃばしながらデッキブラシをかけていたら、濡れた床に足を滑らせ転倒。階段降りるときに最後の一段を踏み外し転倒&壁に顔面をぶつける。お風呂掃除、まるでお約束?!かのようにバスタブで転倒、背中を強打。

さいわい、大きなことにはならなかったけれど、体じゅう痛い。青あざいっぱい。しまいにはこんな自分が情けなくて、痛みと一緒になんだか分からない涙が出てきた。

この自分のよく転ぶ癖、どうやら体の硬さとバランスの悪さにあるというのを、この間のヨガで判明された。それともうひとつ、自分の気持ちの癖みたいなものも影響してると思う。
いつも気持ちだけが体よりも出っ張る傾向にある自分。気持ちに体がついていかない、というのもあると思う。
わかっていても、自分の体や気持ちの癖って、なかなか修正できないというのが哀しい。

いろんなものがズレているのを感じながらも、今日をなんとか過ごした。


雨が突然降ってきたり、風がものすごい音を立てて窓ガラスを軋ませていたり、変な天気だった。
雨上がりに透明な風が吹いてきたのをいいことに、夕方庭の草むしりを始めた。
土に触れるとなんとなく気持ちも落ちつく。自分がここにいるというのを実感できるのもこういうとき。地味~なことを黙々としてるときこそ、今を感じられたりする。ってことは、人はそもそも流されやすくできているのだな。
日常の隙間にある地味な作業は、今を見つめたり自分を感じたりできる貴重な時間なのだ。隙間時間、大事にしよう。


夜は王子の大好物の空心菜炒めを山盛り作った。茎しっかり、歯ごたえ抜群の空心菜、炒めてもあまりかさが減らないので、食べ応えのある食材のひとつだ。
こういう場合、味付けを薄くしないと、食べ進めているうちに飽きる、というのがある。
なんでもそうだけど、最初から味にはっきりした輪郭をつけてしまうとひとくち目のインパクトはあれど、先がないんだよね。
ほんとに美味しいって思えるものは、最初はうっすら、食べすすめていくうちに味わいが広がっていくもの、 噛みしめていくうちに見えてくるもの、 そういうものだと思う。
そういえばこれ、人間も一緒だな。


風呂上り、体じゅうにシップを貼りまくりました、、、。

|

« 親って勝手ね | トップページ | 暑いね~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/46605941

この記事へのトラックバック一覧です: イテテ・・・の日:

« 親って勝手ね | トップページ | 暑いね~ »