« アメ村ふらり。 | トップページ | 今日も暑かった »

2012年7月31日 (火)

今に乗る

王子と話していたこと。
「気持ちが、時間の流れについていかない」って言ったら、「もっと気楽に考えればいいじゃん」とのアドバイスをもらう。
「それができたら苦労しない」 とか思ったけど、きっと世の中の仕組みはそうなっているのかも知れなくて、そうしないと今日も明日も頑張るだなんてできないのかも、とも思った。生きてくのってむずかしいと、こういうとき思う。

今っていう現実を噛みしめながらも、今に乗らない数分前の自分がいつもいて、
そのギャップがしこりみたいになって自分の中にいつまでも残ってたりするんだよね。現実って残酷。



今日のパクパク、賑やか&子供パワー炸裂だった。
おっとりマイペースな子もいれば、気持ちが前へ前へと出っ張ってる子もいて。そうなるとどうしても出っ張る子が周りの空気を引っ張っていく感じになるので(大人の世界も子供の世界もそういうものだと思う)、全体が押され気味になる。
そういう子供たちの流れを感じながらも、「今」にある大事なことを見落とさないようにメロディ先生としてできることをやった。

ちょうど、男の子パワー全開の年頃の子たちばかりだったので、それに負けてたまるかとばかりに彼らと向き合った。我ながら大人気ないとは思うのだけど、こういうことも必要だ。
なぜなら、この子たちの不器用な自己主張を感じるたびに、「大人は試されてる」って思うんだよね。その部分と正面から向き合うことは、とっても大事なことのような気がする。
いつだって子供たちは何かを訴えていて、それを思うと、大人の事情で素通りするなんてとてもできないもの。正直疲れるけど、これがメロディ先生のやり方だ、貫こうと思う。


子供たちが帰ちゃったあとは、いつも気持ちがぽかんとしてしまって、それこそ、今というところに自分が追いつかなくて大変。子供たちがいろんなことを感じているであろうということを、自分も同じようになぞっていたりするので、それらを消化するのにはどうしても時間がかかる。
こんなとき、流れ作業みたく、次から次へと気持ちの処理もスムーズにできたらどんなに楽だろう、などと思ったりもするけれど、どうやら自分には無理のよう。噛みしめたり、感じ続けてみたり、めんどくさいんだけど、そういうふうにしかできないみたい、、、。ほんと、不器用な自分に疲れちゃう。


蝉の声が夏休み感を盛り上げてる。
明日からもう8月なんだな。

|

« アメ村ふらり。 | トップページ | 今日も暑かった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/46536393

この記事へのトラックバック一覧です: 今に乗る:

« アメ村ふらり。 | トップページ | 今日も暑かった »