« お祭り2日目 | トップページ | 今に乗る »

2012年7月30日 (月)

アメ村ふらり。

青い空と真っ白い雲。夏休みの絵日記の中にいるみたい。
王子が「せっかくのいい天気だから大阪にでも行ってみるか」と朝から意気込んでいたけど、いい天気と大阪がなぜ結びつくのかは謎である、、、。

大阪といえばいつものようにIKEAコース。お昼をまわっていたので、イケアカフェでお茶したり名物のミートボールや、サーモンを食べてとりあえず腹ごしらえしたり。平日ということもあって、カフェも店内もガラガラだった。「こんなすいてるIKEA初めてだね~」と言い合いながら、カートを押しながら歩く道も今日はすいす~い。人ごみがないだけで、こんなにも疲れないなんて。

その帰りにミナミに最近できたという北欧から来た100円ショップ"タイガー”に立ち寄ることに。
しかしそれが思っていた以上の人気っぷりで、入場規制がかかっている店の前には長蛇の列、、、、しかも整理券を持っていないと、その列にも並べないとのことだ。
さらに、その整理券を配る場所というのがまったく別のところにあって、その場所にもすでにすごい列ができてるし、、。
列を見て、ふたり同時に「こりゃダメだね」と顔を合わせる。炎天下、これじゃどうにかなってしまう。大阪の人は頑張るな~と思いつつも、単に自分たちの諦めが早いだけ なのかも知れないけど。人ごみ苦手&行列嫌いな私たちには絶対無理だと思いました、、、、。

しかしながら、その後、入れなかった店の前を指をくわえながら恨めしそうに通り、ガラス越しに中をのぞいてみたけれど、なんと100均とは思えないようなオシャレな店内の作りであった。北欧というだけあって商品の色使いの豊富さに驚いたし、デザインも可愛いし、長蛇の列の理由がわかる気がした。
名古屋進出を待ち望むことにしよう。


それにしても、アメ村はオシャレな若者たちがいっぱいいた。そんなヤングな子たちに混ざって、「俺たち浮いてる?!」などと確認し合いながら、古着屋さんで物色したりカフェでお茶したりするのも楽しかった。でもやっぱり四十路男女には、さすがにちょっときびしいものがありました、、、、雰囲気的に。
でも王子が洋服屋のお兄ちゃんに「よっ!社長さん!」と呼び込みされていたのは、さすが大阪という感じでよかった。「社長さん」って呼び込みするのは、夜の街のお姉ちゃんたちだけかと思ってたもん。


アメ村の美味しいたこ焼きを食べてその味に大満足し、帰路をめざすことに。
高速道路、渋滞にはまりながらもなんとか戻ってくる。

ここ2、3日、バタバタしていてちゃんとしたゴハンをほとんど食べていなかったので、久しぶりに手作り感満載の野菜たっぷりの晩ごはんを作った。
ゴハンを作ると、日常が足元に戻ってくる気がする。
そしてゴハンを食べるということは、日常を噛みしめるとと一緒だということも。
たまに外食やコンビニ飯が続くとカラダのどこかがおかしくなってしまうのは、そういうことだったのね。

日々を積み重ねることの本当の意味は、毎日のゴハンの中にあると思う。

|

« お祭り2日目 | トップページ | 今に乗る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/46524414

この記事へのトラックバック一覧です: アメ村ふらり。:

« お祭り2日目 | トップページ | 今に乗る »