« ひとまず保留 | トップページ | いい天気。 »

2012年7月 3日 (火)

流れを感じる

雨の中、ランチには私の大好きな感じの人たちが来てくれる。とある会社の社員さんたちだけど、まるで家族みたいなみなさんであった。
笑顔のたえない温かな雰囲気がもうそこには出来上がっていて、料理を運ぶたびに癒されてしまった。こんな職場があるって知ってたら、自分も一度は就職ってものを経験してたかもしれない。
仕事しながらも居心地のよさを感じた。


ランチを終えて買い物に出ようとしたら、ものすごい雨でどーしよーかなーと悩み踏みとどまっているところにななちゃんから電話。
そのあと、ななちゃんといろいろおしゃべりして、すっかりこの自分をいたわってもらい、ねぎらってもらい、励ましてもらい、元気100倍に。
持つべきものは心の友だなぁ。

ななちゃんが帰るころ、あんなに激しかった雨もすっかりやんでいて、いざ買い物へ。
雨がやんだことも不思議だったし、まるでどこかにシナリオでもあるんじゃないかと思うくらい、今日この日の流れに感動。お客さんの来るタイミングも、雨が降ったりやんだりするタイミングも、ななちゃんが来るタイミングも、王子が帰ってくるタイミングも、すべてが絶妙なのだ。この絶妙な感じが、流れてるってことかな。

しかしながらこの流れ、自分が自分でいるときにしか感じられないものなので、そう思うとこの私も自分という型の中にぴったりおさまっていたということなのだろう。

自分の中のいろんな偏見を捨てて肩の力がふぅっと抜けたとき、その流れが見えてきてそこに乗っかることができる。乗っかってしまえば、あとは身を任せるだけなので楽なのだけど、しかしここがクセもの。どうしても人はここで楽ちんなことに疑問を感じたり、頭でっかちになっちゃったりするんだよね。そうすると流れが見えなくなる。
シンプルになることって、意外にむづかしいのだ。

でも今日は、まるで波乗りしてるみたいな一日だった。シナリオは神さまが作ったものじゃなくて、自分という人間が創り出すものなのだとしみじみと感じた。人生の舵を取るのは、この自分しかいないのだ。


夜はおしゃべりしたくてたまらなくてワインを開ける。最近思うが、自分はただのアル中ではなく、誰かと会話したりその場の雰囲気を楽しむために酒を呑む、というのがどうやら正当な理由らしい。(ほんとだよ)
今夜も無理やり(?!)王子を付き合わせ、やっと手に入った天橋立オイルサーディンを肴にお互いの一日の報告会。この時間のために今日を頑張ると言っても過言じゃない。

さて。明日もがんばるか。

|

« ひとまず保留 | トップページ | いい天気。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/46169844

この記事へのトラックバック一覧です: 流れを感じる:

« ひとまず保留 | トップページ | いい天気。 »