« 夕暮れバーベキュー | トップページ | 台風 »

2012年6月18日 (月)

じめじめの月曜日

休み明けの月曜日というのは、なかなかエンジンかからず。

月曜日にかかわらず、昔から環境の変化とか時間の流れについていくのは苦手な自分だ。
子供の頃は、(今でもときどき)その変化の波にうまく乗ることができなくて、お腹が痛くなったものだし、周りの友達はみなできるのに、自分だけできないということにすごく落ち込んだり悩んだりもした。
子供の頃によく聞いた母ちゃんの「早くしなさい」って言葉が今も焼きついてるくらいだ。それくらいとろかった。

しかしながら今思うと、人間はそんなに単純に出来ていないということ。その人しか持っていないリズムがあって、それは何ものにも代えがたいものであるということだ。
自分の場合は、変わっていくもの、流れていくものにたいして、神経質なくらい敏感に反応する子供だったから、何をするにも人より時間がかかったし、それはココロが今に降りてくるのに時間がかかったということなんだと思う。

今はそう思えるので、こんな自分のとろさも仕方ないものだし、これが自分だし、とか思う。

子供の私に教えてあげたい、それがあなたなのだから悩むことも落ち込むこともないよ、と。

だけどあのとき、出来ないながらも一生懸命努力したことは、決して無駄じゃなかった。それがなかったら、今の私はないし、こんなふうに冷静な気持ちで過去のことから今を見ることもできなかったもの。
暗い子供時代に、今の私が少しずつ明かりを灯してあげてる。大人になるってそういうことなのかな。


 仕事しながらようやくエンジンもかかり、今日のランチはベビーちゃんでいっぱい。赤子の鳴き声こそ、エネルギーの源。自然にがんばるぞ~ってなる。
そして、この時期の子を持つママたちの大変さ、わかるよ、わかるよ~って感じだ。
そんなママたちへのエールをゴハンに込める。言葉なんかよりもずっと近いエールだ。
ゴハンってそういうものだ。


今日はなんとなくお疲れ気味&食欲不振な王子に、お酢を使ったさっぱりゴハンを作った。
ネギぬた、もずく酢、鶏もも肉の黒酢炒め、豆腐の味噌汁、ごはん。
メニューを並べただけでも思わず酸っぱくてむせてしまいそうなものばかり。
でもペロリと食べていた。体が欲しているんだな。体の声を聴いてあげること、食の原点だ。






|

« 夕暮れバーベキュー | トップページ | 台風 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/45709064

この記事へのトラックバック一覧です: じめじめの月曜日:

« 夕暮れバーベキュー | トップページ | 台風 »