« 好き。嫌い。 | トップページ | 重たい »

2012年6月30日 (土)

痛いこと。

姫(王子の母上)がやってくる。半年ぶりくらいに会う。たしかあのときは円満な感じで別れたはずだったけど、月日というのは恐ろしいもの。あれからというもの、自分の中で、ある感情がどんどん膨れ上がってしまって、それが今日の今日まで自分を苦しめることになった。
たぶんそこには、自分なりに腑に落ちない想い、解決されていない想いがあったということなのだろうけど。


今日思ったこと。
私は王子と姫とのいろんなやりとりを見ているのがすごく嫌だということ。このふたりはほんとにねちっこいケンカばかりしてるのだけど、私から見たらケンカできる相手がいるだけでも幸せだろ、と言ってやりたいくらい。母親が息子に会いにくることができるその環境があるだけでも、羨ましいことではないか。
自分の感情の埋まらなさを息子に求めてはいけないでしょ、姫。この歳になってもお母さんと言い合えることのできる王子、あなたは幸せだよとふたりに言ってやりたい。

自分という人間は、息子たちを置いてきてしまった最低最悪の母親だ、ケンカできる相手もいなければ、会いに行くことさえもできない。だからふたりを見ていると自分の中の何かが刺激されてすごく痛い。姫が、とか王子が、というよりも、このふたりの関係が自分を辛くさせているのだろうな。要するに、自分の中のものと向き合うことにおのずとなるから辛くなるんだよな。

こんなことを書いている自分は我ながら幼稚だ。
でも、ココロは常に生きてるのだ。幼稚だと思われても自分の中から生まれた感情だ。大事にしたい。
そもそも嫁(実際は嫁ではないが)とはこうあるべきとか、そういう立場的なものは関係ない。
人生の先輩を敬う気持ちというのはもちろんベースにある。でもその瞬間瞬間の生の気持ちを大事にしたいというのが一番だ。


こういう感情が生まれてくるのも、そもそも自分の中で今何かが起きているということ。この出来事と向き合っていこう。少しは何かが変わってくるかもしれないな。それにしても痛い。

|

« 好き。嫌い。 | トップページ | 重たい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/46060172

この記事へのトラックバック一覧です: 痛いこと。:

« 好き。嫌い。 | トップページ | 重たい »