« いい天気 | トップページ | 親子っていいね »

2012年5月14日 (月)

親と子

夕べはものすごく早く寝てしまったので、早朝3時に目が覚めてしまった。そのせいか、今日は一日が、もやの中だった。頭がぼうっとしていると余計なことを考えなくてすむけれど、ここぞというとき一つの点へ集中が効かなくなる、、、意識が散漫に。

自分の身体との付き合い方ってむづかしいな~と思う今日このごろ、、、。



夕方、とある海外ドラマを観ていて、そのワンシーンに、自分の子を事故で亡くした母親が、その子供と同じ歳頃の子を誘拐してしまうというストーリーがあって、いろんな意味で胸を打たれ大泣きする。

幼い子供というのは、自分の信じる大人の言うことには絶対服従するという性質があることだったり(誘拐された子の心理描写がそうであった)、たとえ虐待を受けようとも、子供というのはその大人を信じようとするのだ。
それが、その子の後々の心の傷となるわけだけど、子供にはそれを逆らうことを知らない切ない純粋さがある。


そしてそういう子供を誘拐した女というのも、過去に自分の子を亡くしてしまった親としての心の傷や、その子と過ごすはずだった母親としての時間を取り戻すために、犯罪とわかっていてもその過ちを犯すのである。親子の絆を埋めるための作業なのだと思う。


ストーリーそのものというよりも、ひとりひとりの登場人物の内面的な描写が、見えすぎて伝わりすぎて痛かった。

おそらく、“親と子”というのは、常に自分の中にあるテーマだから、それも影響してるのだろうけど。



正直、そのテーマを、自分の人生と照らし合わせてしまうと苦しくてたまらなくなるのだけど、その苦しみがあるからこそ、命を懸けてでも伝えていきたいものが自分にはあるのだと思う。

人はそもそも、苦しみと戦うために楽しく生きていこうと頑張るのかもしれないと、最近思ったりもする。


あぁ、しかし、、、ドラマとはいえ、実に重たい内容で、観終わったらヘロヘロになっていた。

でもふとそのとき、今抱えているココロの重圧みたいなものの要素が、ほんの少し見えてきたりもした。
軽くなることはないが、そのものも意味が分かってくると、目の前がちょっとだけ明るくなった気がして歩きやすくなる。



夜は王子のリクエストであったコロッケをようやく作った。じゃがいも蒸してつぶしたり衣つけたり、、、いつも手軽なチャチャっと料理しか作らない私にとっては手間のかかる部類のもの。
でもココロを込めて作る。
それと、山盛りサラダと切干し大根の煮たのと、ごはんとワカメの味噌汁。


そういえば、昨日の母の日、
母に「今日は母の日なのに、なんにもなくてごめん」って連絡したら、70後半になる母は、「最初から期待なんかしてないよ、、、それより自分のこと心配しなさい!」という返事であった。
さすが母である。そして私は、いまだ親離れできていないのかも、、、。

|

« いい天気 | トップページ | 親子っていいね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/45263452

この記事へのトラックバック一覧です: 親と子:

« いい天気 | トップページ | 親子っていいね »