« 連休あけ | トップページ | 苦手なこと »

2012年5月 8日 (火)

ありがとうの日

ついに40になってしまった、、、。まわりにいる人生の先輩たちからは、「40なんて、まだまだ若いわよ~」などと言われるけど、なんか違うんだよなー、40代って、、重みを感じる。

19から20になるときは、早く大人の真似がしたくてワクワクしたものだし、、、29から30は、女としての磨きをかけたいと思ったときだったし、、、39から40は、人としての生き方に磨きをかけようと今日思った。

節目節目でいろいろ思うことはあったけれど、正直自分という人間の中身は、まったく変わっておらず、変わったのは、まわりの環境だとか付き合っていく仲間たちだ。
なんだかんだ言ったって、人生まだ半分。先輩たちが「これからよ~」と手招きする意味がなんとなくわかる。
相変わらずの軟弱者だが、自分の歩幅で自分のペースで、今日からまた進んでいこうっと。



夕方、めずらしく母からおめでとうメールが届き、なんともいえない気持ちになる。
ほとんど連絡もとっていなかったし、娘の誕生日など忘れていても当たり前なのだけど、母の日常の中に、この日を記していてくれたことを思うと、もうそれだけで胸がいっぱいに。たった1行の文章だったけど、すごく重みがあったし、いろんなことを考えてしまった。

この歳にもなって、いまだ親に心配かけている自分とか、、、私が離れている息子たちのことを思う気持ちと、母が娘である私のことを心配する気持ちの温度とが重なって苦しくもなったり、、。
「ありがとう」という言葉ではシンプルすぎて、しばらくなにも返信できなかった。


それが応えたのか、そのあとフラフラになり、お腹も痛くなり、、、、この自分の軟弱加減が情けなくも思えた。
私がココロの世界にはまった理由の根っこが、両親との関係とか、幼少の記憶の中にあるものだから、自分の身体が反応しているのをみるとやっぱり、、、と思う。

でも昔と確実に違うのは、そこに両親への感謝の気持ちがあるということ。ありがとうっていう単純なものではなくて、、、この世に私を誕生させてくれたことへの感謝とか、、もっとずっと深くて尊いもの。
その気持ちがあって、今の私がいる。かつては、そう思えなかったもの。


しばらく会っていないそんな母ちゃんは、私の顔を見ると「順ちゃんの人生って、ほんとついてないことばかりだよねー」としみじみ言うけれど、本人としては、こんなついてる人生ってないんじゃないか、、、というくらいに思う幸せ者である。

たくさんの人たちに迷惑をかけつづけてここまできたけれど、最終的には、自分の人生のシナリオを決めるのも、なぞるのも、この自分しかいないと思っているので、この気持ちは50になろうと60になろうと変わらないと思う。



夜遅くに、王子と美味しいイタリアンを食べに行った。なんと、私の身体の調子が戻るまで待っていてくれたのだ、、、いい人だなぁ。

マスターの心のこもった料理をありがたくいただき、なんだか王子との会話もいつもより温かく感じたし、いろんな意味で満たされた。
自分の場合、ちょっと調子悪いくらいというのが、謙虚な気持ちにもなれるし、人の優しさが染みてくるのもこういうときだったりするので、軟弱者でもいいや、と思ったことだよ。


戻ってきたらまゆちゃんからのプレゼントが玄関に置いてあって、お手紙も入ってて、またしても今日という日のしめくくりに感動させられた。
普段、なかなか会えないふたりだけど、いつもどこかで繋がっているのをお互いにわかっていて、、、そしてふとした日常のタイミングに彼女はいきなりぐぐっともぐり込んできやがる憎いやつなのだ。その土足な感じが好きなんだよね。


今夜は優しい眠りにつけそう。
メッセージくださった方たち、ありがとう。40なんて嫌だから誰にも言わず内緒にしておこうと思ったけど、簡単にバレちゃうシステムになっているのですね、、、世の中、、、。(汗)
でもやっぱり嬉しいものです。

|

« 連休あけ | トップページ | 苦手なこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/45189509

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとうの日:

« 連休あけ | トップページ | 苦手なこと »