« ハワイ島 ローカルフード | トップページ | いつものゆるゆるに »

2012年4月29日 (日)

お家に帰る日。

お家に帰る日。


朝いちばんでレンタカーを返しに。

1312借りるときには、いろんな保険の手続きやらなにやらで、少々手間取ったけれど、(専門用語っぽい英語がよく分からなくて苦労した)返すときは、すごく簡単であった。
この島に来たら、レンタカーなしでは行動できないということも今回よーく理解できた。
とにかく道という道が少ない、、、、島のほとんどが手つかずで自然のまま、、、、店も少ない、、、、人がいる場所もかぎられてる、、、、
とうのが、なんといってもこの島の特徴であった。どれもこれも冒険好きにはたまらない条件だけどね。


1315 レンタカー屋のお兄ちゃんにコナ空港まで送ってもらう。
ここから約1時間、ホノルル空港を目指して。


1314乗り継ぎまでの時間があったので、ホノルル空港内にあった「コナ・ブリューイングカンパニー」のパブで軽く飲む。今回の滞在中も、ここのビールをずっと飲み続けていた私たち。かなりのお気に入りであった。 私は大好きなマイタイを、、、ハワイで飲むマイタイはどうしてこんなに美味しいんだろう~。



  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あっという間にお家に帰ってきた。
旅のあとの独特な脱力感もないまま、時差ぼけもなしで、
すっぽりと日常に戻れた感じ。
それも今回、時計も携帯もふたりして家に置きっぱなしで出かけたことが、よかったのかも。

1週間まるごと、異空間の中にいたみたいな感覚だったし、それを経験したからといって、今の私は1週間前の私と何も変わっていないけど。
旅なんてそんなもの。

でも、毎日この自分が、日本では感じることのできないいろんなことをアンテナで受けとめ、それに応えようとしている自分の身体の反応がすごく面白かった。それを体験できるのが、旅の醍醐味なのだな。
自分の身体をそういう空間にさらしてみるのも大事だな、と今回つくづく思った。

日々の生活に息詰まって現実逃避~などと、人はよくやることだけど、、、そもそも現実から逃避するなんて無理。
現実と向き合える自分になるために、異空間に身を置いてあげることが必要なのだろうなと思った。
とかく、ひきこもりがちな自分であるし、ひとりでいるのも大好きだし、、、
でもそんな自分でもいいんだと思える今があるということは、
何か目に見えない土産ものをいただいて帰ってきたということかも知れなくて、、、。

ハワイ島で出合った友達と、母のようにすべてを包み込んでくれるかのような大自然、、、、偉大すぎて言葉にならないや。


今回めずらしく写真をバンバンのっけてこの日記を書いたのは、自分の感動の覚え書きとともに、この想いを誰かと分かち合いたくてたまらなかったから。
言葉足らずでなかなかうまく表現できなかったのだけど、そのときどき、その瞬間をありのまま綴ったつもり。自分の中の感動の器が、もっとデカかったらなぁ~と、こんなにまで思ったことはないかもー。






 

|

« ハワイ島 ローカルフード | トップページ | いつものゆるゆるに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/45075660

この記事へのトラックバック一覧です: お家に帰る日。:

« ハワイ島 ローカルフード | トップページ | いつものゆるゆるに »