« 子供の自分の癒す | トップページ | 桜ももうすぐ »

2012年4月 5日 (木)

カラダを動かすって。

めずらしく朝、布団から出られない。気持ちは目覚めているのに、カラダが言うこと聞かないのだ。
人間やっぱり、まずカラダで、そのあとに気持ち、、っていう順番なのだろう。

だけど頑張って起きる。

そこでまず浮かんだのは、今日はフラメンコ休もうかな~ということ。でも、ちょっと待てよ、ここでいったん休むと、おそらくサボリ癖がつくであろうという自分の先がなんとなく見えたので、エイっと気合を入れて出かけることに。

サボるのも休むのも簡単だし、だからといって、すごく真面目に取り組んでいるわけでもないのだけど、今の自分にとって大事なのは、とりあえずまず続けてみる、、、ということ。これも、過去にさんざんサボリまくった結果、身に付いた教訓である。

そして長く続けるためには、あまり真面目すぎると窮屈になってしまうので、適当にあそびが必要なことも、同じくそのとき身に付いたこと。


師匠の愛のスパルタレッスンにも、ようやく少しづつついていけるようになってきた。いいぞ~。
今日はうっかり、レッスンのときにスカートの下に履くスパッツを忘れてしまい、パンツいっちょでやった。(スカートはちゃんと履いてまするよ)
もう、パンツが見えようがなんであろうが、レッスンの間はそんなこと考える余裕もないくらい集中する。
「私が知っていることのすべてを、あななたちに伝授するわ」という師匠の寛大さが伝わってきて、こちらも「一生あなたについて行きまーす」みたいな気持ちになって、そのやりとりがとてもすがすがしい。
人の気持ちの温度って、伝わってくるものなんだな。熱ければ熱いほど。
そしてその根底には、お互いが「本気」「本音」であるというのが常にあると思う。

それにしても、やっぱりカラダを動かすと、気持ちの芯にエンジンがかかるので、ひきこもりっ子の私には大事。



レッスンを終えて戻ると、王子が家にいたので久々にランチなどを食べに行ったりして平日の午後のまったりした時間を堪能した。

初めて入った洋食屋さん。デミもベシャもすべて手作りで、安心する味だった。しかしながら私と王子には、全体的に塩気が強くて、「美味しいけどたくさんは食べられないね」 「ワインとなら合う味だね」などと言いながら、厨房の中をのぞくと、超イケメンの若いシェフがフライパンを振っているでは、、、。多少の塩気くらいまぁいいか、、、、と思わせるくらいのイケメンぶりで、ふたりして「得だよな~。」と言い合う。


夜は仕込みしながら晩ごはんの仕度。
冷蔵庫の中も、昨日までのパクパク使用になっていたから、ここでまたいつも通りの姿に模様替え。
冷蔵庫の中身しだいで、毎日の食卓をどんなふうに彩るかが決まってくるので、自分の使いやすいように工夫してあげるのって大事。女子的には、たんすの中身みたいな、お化粧ポーチの中身みたいな、、、そういうのに近いんじゃないかなぁ。


晩ごはんは
王子リクエストの豚肉の肉じゃが、大根のお味噌汁、納豆とマグロのすきみとみょうがの和え物、もずく酢、ごはん。

久しぶりのお味噌汁は、やっぱり美味しかった。昆布と鰹がふわっと香って、、、、結局ここに落ち着くよね、、、という感じ。

|

« 子供の自分の癒す | トップページ | 桜ももうすぐ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/44770288

この記事へのトラックバック一覧です: カラダを動かすって。:

« 子供の自分の癒す | トップページ | 桜ももうすぐ »