« 依存 | トップページ | だらり日曜日 »

2012年4月21日 (土)

王様、俺様

夕べあれからまったく音沙汰なしだったので、もう寝ちゃうぞと決めたそばから王子から迎えに来てコール。
迎えに行ったのはよいけれど、帰ってきて大げんか。お酒が入っていたせいか、いつも静かな王子も、私の言いたい放題さについにブチ切れ。

王子の誕生日会を密かに計画していた私としては、なんだか気が抜けてしまったし、しかも連絡無しというのがなによりも許し難いことだったので、いつも以上に怒りをぶつけてしまった。珍しく王子と真正面からバトルした感あり。


こういうとき思うのだが、そもそもお互いに憎しみ合ってケンカしているわけではないということ。
自分の想いが相手に理解されない(と勝手に思っている)ためのもどかしさだったり、ときには、何か全然違うことで自分の中に不安定さがまずあって、その気持ちの捌け口と重なる瞬間であったり、、、。


なので、一夜明けて、今朝はなんとなくスッキリしてる自分がいる。思う存分中身を吐き出した感ありだし、それになんといっても、私に負けないくらい(べつに勝負してるわけではないが)、大きな声で自己主張してる王子の気持ちも聞けたし。
たぶん、王子もスッキリしていることであろう。

ケンカは、自分を肯定できる唯一の場だな。そう、このときばかりは誰もが王様になれるし俺様になれる!
普段から王様面してるやつは鼻持ちならないが、こういうときばかりは、おおいに王様でも殿様にでもなるべきではないか、、、と思ったことだよ。自己を解放してあげる作業は大事だ。



というわけで、一日遅れの王子に誕生会を慎ましくやる。
ちょっとだけ上等なお肉を買ってきて焼いたり、夕べ食べそこねたケーキにもチョコでハッピーバースデー書いてロウソク立てたりして。
いくつになっても、こういうものは、やってもらえると嬉しいものだと思う。大事にしよう。
タクミもそこへ合流し、なぜか一番でかくカットされたケーキを幸せそうに頬張っていた。

笑顔が並ぶ食卓の思い出っていうのは、人生の中でもおそらく最上級というくらいの幸せ感だと思う。
これからも一個一個刻んでいこう。子供たちがまだ小さい頃にたくさんの家事と仕事に追われながら毎日いろんなことがあっても大事にしていた想い。状況は変わっても、今もそれは変わらない。私が一番大切にしている想い。


王子は40になりました。40か~と、しみじみ思ってしまう歳ごろだけど、人生これから!と今まで積み上げてきた人生に新たな風を吹き込むのも、この歳ならでは、なのだろうな。

|

« 依存 | トップページ | だらり日曜日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/44975601

この記事へのトラックバック一覧です: 王様、俺様:

« 依存 | トップページ | だらり日曜日 »