« 元気であることのありがたみ | トップページ | ココロの健康 »

2012年3月22日 (木)

作る意欲、食べる意欲、ココロのゴハン

王子の熱、夕べからまた上がってしまい朝いちばんで病院の予約をとりに行く。そのあと、自分はそのままフラメンコへ向かう、、、、その後の王子の体調が心配ではあったが、小さい子供であるまいし大丈夫であろうと、、、心を鬼にして。あとから聞いた話によると、彼のほうは、診察を終えいつもどおり無事に会社に着いたとのこと。

・・・

今日のフラメンコのレッスンも濃かった。上半身と下半身を分ける、というフラメンコの基礎がまったくできていないことや、教わった振り付けをいち早く忘れてしまう自分の悪い癖など、、、気づかされることがいっぱい。

中でも今日いちばん印象に残ったのは、、、私の場合、踊りに夢中になると、重心がどんどん上のほうにいってしまうということ。肩に力が入ってしまったり、上半身の動きが固くなってしまうらしい。しかしそういう時こそ、重心は、「下に」なのだそう。お腹から下にどっしりと重みを置くこと、、、地に根を張るようなイメージ。深いな~。

でもこれは、フラメンコにかぎった話ではなく、人の生き方に通ずるもののようにも思えた。

頑張りすぎると、人って頭のほうにばかり意識がいってしまって肩も首も力んでしまう。そういうときこそ、自分の足の裏で大地を踏みしめる、、、まさに重心を下に降ろすということなのだろうな。踊りのことで、師匠に指摘してもらったことだけど、なんだか自分の日常を言われているような気さえして、思わずドキっとしてしまった。私の落ち着きのないクセとかも、すぐに見抜かれてしまうし、、、、、そういうのって、全部踊りに出るんだな。

レッスンを受けながら、「なぜ自分は踊りの中でも、このフラメンコを選んだのか、、」、などとふと思ったりしたけれど、なんだかわからないが妙に惹かれる、、、としか言いようがない。このリズム、ギターの音、、、たまらん。 きっとこの「なんだかわからないけど」っていうのが、実はいちばん自分の中にある正直な感覚なのかも知れないな、、、何事においてもたぶんそうだと思う。

・・・・・

夕方王子は早めに帰ってきた。片道1時間かかる道をなんとか自分で運転して帰ってきて、、、ほっとひと安心。

昨日からほとんどゴハンを食べていない彼ではあったが、ようやく「シチューが食べたい」とのリクエストが出てきたので、少しずつ快復に向かってる感ありだ。

だけど、実際食卓に並べるとほんのひと口しか食べれられない様子。気持ちは欲しているのに体はまだそこについていけないという感じなのだろう、、、。

ここ数日で思ったことは、ゴハンはやっぱりそこに食べてくれる人がいるからこそ、作りたいって思いが自然に湧いてくるものなのだということ。人間は一生のうちに、いったい何度の食事をするか分からないが、そこで何を食べるか、誰と食べるか、ってことは実はすごく大事なことだと思った。「生きる」ということと同じくらい、こだわりを持っていきたいものだと。それはゴハンというものはカラダだけでなく、ココロをも作るものだからなんだと思う。

・・・・・・・

たった今、王子のデコに熱冷シートを貼ってやった。

|

« 元気であることのありがたみ | トップページ | ココロの健康 »

コメント

王子 大丈夫かーー
見舞いに行きたい!

なんだかわからないけどスキって最強だよね

素直に求めてるんだろうね^^

フラメンコ見せて^^^

投稿: ゆうこりん | 2012年3月23日 (金) 10時47分

>ゆうこりんへ♪
ゆうこりんの「見舞いに行きたい!」って気持ちだけで
たぶん王子、元気100倍になると思うわぁ~♪
ありがとう。順調に快復してるわよ~。


そうだね~
「スキ」に理由なんてないってことなんだろうね。
私の場合、好きになる男性のタイプもみんな違ってきたように(過去形にするとこ大事)、たぶんそこに言葉とか意味とかっていらないんだと思う。
・・・・って、
フラメンコの話からそれたけど、つまりそういうことよ。(○゚ε゚○)

投稿: メロディ♪ | 2012年3月24日 (土) 08時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/44599102

この記事へのトラックバック一覧です: 作る意欲、食べる意欲、ココロのゴハン:

« 元気であることのありがたみ | トップページ | ココロの健康 »