« ココロの健康 | トップページ | きらきら »

2012年3月24日 (土)

泣けてくる幸せ

王子が朝起きてくるなり、「なんだか肌の調子がとても良い感じ」などと私より女子っぽいセリフを言ってきたので、「どれどれ」とばかりに頬をさすってみたら、うらやましいくらいモチモチつるつるであった。
本人いわく、ここ数日の、半絶食みたいな生活で、カラダの中の余分なものがおちたのかも、とのこと。これって病気によって、再生されたってこと?!、、、、。人間のカラダの神秘だ~。

そんなつるつる王子(?!)と、朝からコーヒーを飲みに行ったりして、「なんだか久しぶりにのんびりって感じでよいね~」と、いつもよりも何倍にもゆっくりと流れる時間を堪能する。こういう時間は、無理しても作るべきだなぁとしみじみ思った。


午後からは、福ちゃんのカメラのワークショップ。その会場にうちの店を選んでくれたことが嬉しい。彼がここをアジトと呼んでくれていることも。
そしてさらに嬉しいことに、福ちゃんが「せがれ」を連れてやってきた!その「せがれ」は、なんと生まれて3ヶ月ではあるが、パパになった彼が、まだ赤子の息子をせがれと呼んでいるのがなんとも微笑ましかった。
福ちゃんの奥さんのヒサちゃんも、元気そうでなにより。あどけなかった彼女も、すっかり母の顔になっていた。
そうやって好きな人たちが、少しずつ人生の歴史を刻んでいっている姿って、なんだかじーんとくるな。母の気持ち。

そういう、その人の大事な人生の一部分を共有することができてすごく幸せだし、ありがたい。この仕事していて、ほんとによかったと思う瞬間でもある。


夜は王子が、どうしてもうなぎが食べたいと言うので、ひつまぶしを食べに行く。彼いわく、調子の悪いときこそ、自分の食べたいものを食べる!のだそう。うん、うん、そうだよね、、、と相槌打ちながらも、うなぎこそ胃にもたれるのでは?とちょっと心配したけど。

案の定、帰ってきて少し辛そうにしてた。でもこういう「食べたい」の欲求をかなえるのはココロにとっては大事なことなので、後悔はないであろう。

それにしても、王子が調子を崩してからというもの、食べることとか、カラダのこととか、そこにココロが関連していることとか、、、、すごくリアルに感じることが多い。
人は食べたものによって、このカラダが作られているからこそ、「食べる」ということを鵜呑みにしてはいけないということとか、「食べもの」はカラダだけではなく、その人の内面的なものも作り出していることとか、、、、。
それは、「食べもの」というのは、人の想いとか愛情とかで出来ているものだから、ということとか。

これからも、ただ意味無くゴハンを作る人間ではなくて、「そういう裏づけが実は大事で、、、だから食べることって尊いんだよ」っていうゴハンを作っていきたいな。

|

« ココロの健康 | トップページ | きらきら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/44622921

この記事へのトラックバック一覧です: 泣けてくる幸せ:

« ココロの健康 | トップページ | きらきら »