« 体の痛み | トップページ | 春がいる »

2012年3月18日 (日)

まったくぅ

タクミが日帰りで遊びに来る。みんなで美味しいうどんを食べたり、買い物に行ったりして平和な日曜日の風景。子供がいると、そういう雰囲気が自然にできあがる感じがよいなぁと思う。子供って太陽なんだな。王子の胃の痛みも、昨日よりだいぶ落ち着いてきたみたいし。

・・・・・・

タクミが用事があるとのことで夕方早めに帰り、晩ごはんは王子とふたりでということに。ボンゴレを作ったり、サラダを作ったり、王子リクエストの豚の唐揚げも作ったり、おつまみも用意してワインも開けた。

しかしながらボンゴレは、フライパンをあおっているうちに、パスタが伸びてしまい、さんざんな出来に。ボンゴレの場合、アサリの汁をじゅうぶんにパスタに吸わせるために、アルデンテよりもっと手前で茹で上げるのがコツ。(あくまでも私流だけど)今日のは茹で過ぎ、、、ぜんぜんダメ。なんだかくやしいのやら、腹立たしいのやらで、ものすごく落ち込む。王子も「今日のパスタはダメだね」とか普通に言ってたし。

明日もまた同じのを作るつもり。料理に関しては、成功するまで(自分で納得いくまで)作り続けるというのが自分のやり方だもん。

ちなみに、豚の唐揚げは、王子の母上の得意料理らしい。王子に限らず、男の人の食べものの好みって、ほとんどが母親の味。子供の頃に食べていた味。今まで付き合った男の人の9割がそうであった。

女というのは、それをさりげなくそれを再現しようと努力したりするんだもの、、、なんてけなげなのだろうと思う。

味って、そうやって受け継がれていくものだし、ずっと繋がっていくものなんだろうな。人と人は、みなどこかで繋がっているように、味というのも、そういうものなのだろう。

・           ・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんとなくこの日記を書きながら、気持ちのどこかがしっくりこなくて、、、どうしてかなぁと思っていたら、昼間の出来事が今、浮かんだ。どうでもいいことだけど、とりあえず書き留めておこう。

いつも行く電気屋さんで、お会計のとき、なぜ、いまだに王子は、前の奥さん名義のポイントカードを普通に使うのだろうかと。使うのは勝手だが、お会計のたびにレジのお姉さんが、その名前(もと奥さま)の名前を声に出して読み上げるのを聞く自分がイヤなのだ。すごくどうでもいいことなんだけど、イヤなものはイヤだから。

男の人にとっては、なんとも思わないことでも、女って結構こういうとこ気にすると思う。女のめんどくさいところではあるけど、そもそもめんどくさいのが女である。

まったくぅ、男って、こういうとこ詰めが甘いっていうかなんていうか、、、。

私だったら、その名前の入ってるカードごと、とっくに破棄してるよ。

・・・・・・・・・・

こういう小さな出来事の中にも、人のココロはちゃんと息づいているのだ。いろんなことを感じてるし、思ってたりする。いちいち神経質なことかも知れないけど、どんな小さいことでも感じたことは流さずに、受けとめてあげようと思ってる、、、自分の中で。

|

« 体の痛み | トップページ | 春がいる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/44546622

この記事へのトラックバック一覧です: まったくぅ:

« 体の痛み | トップページ | 春がいる »