« 泣けてくる幸せ | トップページ | 朝が来た »

2012年3月25日 (日)

きらきら

どうでもいいことだけど、、、、。どうしても自分の中に引っかかっていることのひとつに、王子が、かつてのここの住人たちに今の彼自身の環境とか生活とか、もちろん私のことも含めて、いっさい明かしていない、、、というのがある。なので、かつての人たちはみな、いつかまたお父さんと昔のような生活を送れるということを心待ちにしてる、とさえ思われる出来事がいくつかある。
それはやはり、王子という人が「できている人」であるからなんだと思う。状況は変わっても、愛情でつながっているという証なんだと思う。それは素晴らしいことだと思うし、そういう人だからこそ、自分も好きになったのだと思う。

一方、比べるとかではないが、自分の場合は、今は自由に行き来してるタクミを始め、長男、次男にも、自分の今をありのままに伝えているし、それが正直な息子たちへの愛情だと思ったからそうした、、、伝えたときは、辛かったけど。

しかし、どうやら王子は違う。本人いわく、今のこの環境をそのままかつての人たちに伝えることはこわいと言っていた。こわいってなんだよ、、とか思ったけど。しかもこの言葉、けっこうショックだった。伝えることによって、何かが壊れるってこと?!何かを失うってこと?!もしかしてそれって、家族の絆とか?!

王子の人柄であろうか。誰も不幸な気持ちにさせないということなんだろうか。
実の娘や息子たち、かつての奥様、そして私に対して、、、愛情の種類はみな違うし、そもそも比べるものでもないと思うけれど、、、
そこに優先順位くらいあってもいいのではないだろうか、、、、と思うのは、私だけであろうか。とっても複雑な気持ちだし、まだ自分の中で乗り越えられない気持ちのひとつでもあるので、ちょっと行き詰まり、ここに書いた。相変わらずオイラ、ちっこい。


私だって、そんな過去の王子の住人たちの思い出いっぱい宿ったこの場所で毎日なんとかへこたれないように頑張って暮らしているんだぞー。周りの反対を押し切って店まで作って、でもそうでもしないとこの自分の居場所さえもなくなってゆくような気がしたから、だからこんなに強がってるのだぞー、、、、ほんとは苦しいんだよー、、、、などと、いくつも理屈並べて自分励ましてみたことだよ。

そして、「私の帰るお家っていったいどこ?」って、、、こういうとき思う。
それにしても王子の過去の温もりが今もちゃんと残っているという現実が、なんだか羨ましくてたまらなかったよ。痛いよー。
私はまだまだこういうとこ、人間ちっこいし、めんどくさいところだけど、やっぱり自分の人生妥協したくないから、どんなに些細なことでも自分の中の反応は大事にしていこうと思う。




そうやって落ち込むこともいろいろあるけれど、実は今日からまた、春のパクパクが始まったりで、泣いてばかりもいられないという感じ、、、泣きたいけど。
こどもたちを見ていると、そういう下向きの気持ちは一気に吹き飛んでしまう。そしてこの子たちに、「メロちゃんはここに居ていいんだよ」と言われているような気さえして、またしてもじんとくる。子供とは、そもそもそういう存在なのだな。
なので、今日も本音、本気でぶつかって、なんとも爽快な気分。裏表ないし、ありのままだし、かっこつけなくていいし、そういうのがすごくいい。たぶん、自分のいろんな過去がなかったら、こうは感じられなかったと思う。いろんなことが繋がって、今の意味が生まれているんだなと思うと、辛かった過去の出来事にも、キラキラと光が当たり始めるのだな。
今できることだけを精一杯やっていこう。


また、明日のためにエネルギーを充電しておかなくては、、、なので今夜は早めに寝よう。なにしろ、本音、本気で子供たちにぶつかるわけだから、けっこう体力いるのよね。
でもこれもすべてシンプルな情熱だけでやっていることなので、実は体はたいして疲れないのだよ。

|

« 泣けてくる幸せ | トップページ | 朝が来た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/44635279

この記事へのトラックバック一覧です: きらきら:

« 泣けてくる幸せ | トップページ | 朝が来た »