« ギターはいいなぁ | トップページ | ヴァレンタイン »

2012年2月13日 (月)

ホイットニーの訃報

ホイットニー・ヒューストンの訃報。マイケルが死んだときと同じ感情が自分の中に渦巻いている。ただただ「お疲れさま・・・」みたいな種類の言葉しか見つからない。

そして思うこと。

人ってたぶん、この世に生を受けた瞬間から、人生の重みみたいなものを誰しも等分に与えられてるものだと。喜びも苦しみもみな、同じ重さだけ与えられてるのだと思う。

生きる長さはみな違っていたとしても、その長さの中で味わう喜びとか苦しみの重さはみな同じだと。人類の仕組みって、たぶんそんなふうに出来てると思うし、そうやって考えると、生きてる意味とかなんとかを平和に捉えられる。死ぬことがこわいと思ったときに、死の意味を探したり必死にもがいたりしてた時期に、そういう自分なりの解釈が生まれたんだけど。

だから、若くして死んでいく人は、もうすでに一生分の重みを味わったのかも知れないんだって、、、。

彼女の死因は薬物依存などと言われていたりしたけど。壊れてしまいそうな自分を支えるものとして、おそらくドラックとかアルコールが必要だったのだと思う。ドラックがいいというのではなくて、そういう人たちは、何かに依存していなければ自分の命の存在を認める手立てがないのだ。そう思うと、依存してでも、ぼろぼろになってでも、そこまで頑張って生き抜いた彼女の生涯は、48年という早い死であったけれど、もうそれでじゅうぶんなような気がする。

そしてどんな死のかたちであれ、その人の人生がこの世にあったという真実、それを思うと、なんともいえない気持ちと同時に、人類の偉大さ、そしてはかなさを感じる。

・・・・・・・

なんだか今日は朝からこのニュースを耳にして、自分の中のチャンネルがいつもと違う感じ。とくにホイットニーのものすごいファンとかではなかったけれど、彼女の死からくるメッセージは自分のとって大きかった。 中学生くらいだったかな、そよ風の贈り物っていう彼女のアルバムに出会ってえらく感動したのを覚えてる。カセットテープがすりきれるほど、聞きまくったもの。

・・・・・

今日は午後から雨だった。チャンネルずれているせいか、夕方から涙止まんない。目がパンパンになりながらも晩ごはんのしたく。目に見えない世界の何かを敏感に感じとってしまうこの自分のカラダのクセ、、、、なんとかならないものか、、、。

今夜は、もずくの天ぷら、てこね寿司、ほうれん草のおひたし、豆腐のワカメのすまし。野菜がいつもより少なかった。

埴輪みたくなった顔を鏡で見たら目が3になってておかしかった。ドラえもんとかのマンガでよく見るやつ。のびたがメガネはずしたときの、あの。

|

« ギターはいいなぁ | トップページ | ヴァレンタイン »

コメント

その埴輪みたいなおかお・・・何回拝見したかな~もうそろそろ、ブログでアップしてみたら?(笑)


投稿: まあちゃん | 2012年2月15日 (水) 10時32分

>まあちゃんへ♪
そうね・・・
アナタにはこの埴輪顔、
何度見られたことやら・・・(@Д@;←埴輪

ブログにアップしたらって
王子にも言われたのよ!

みんなしてバカにしやがって(*`ε´*)ノプンプン

投稿: メロディ♪ | 2012年2月16日 (木) 08時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/44109321

この記事へのトラックバック一覧です: ホイットニーの訃報:

« ギターはいいなぁ | トップページ | ヴァレンタイン »