« トホホな日 | トップページ | ホイットニーの訃報 »

2012年2月12日 (日)

ギターはいいなぁ

王子とタクミのギターのレッスンへついて行く。レッスン早々、チューニングするためにデジタルの小道具を使っていた王子に、道具を使うよりも耳で覚えちゃったほうがいい、というようなトイさん(師匠)の話。フラメンコギターの場合、ほかの楽器を合わせるとき以外は、多少ピッチがずれていてもさほど気にすることないそうだ。ノリが激しくなればなるほど、どんどんずれていってしまうし、そのずれがフラメンコの味なんだそう。このワイルドさ、好きだなぁ。

そしてときどきトイさんが、ジャジャジャーンと何気なく掻き鳴らす音が、真横にいた私の胸に響いてくるたび、何度も鼻血が出そうになった。ぼうっと見学してる身だが、お金を払いたい気分。

そんな中、王子とタクミは今日はドレミファソラシドの特訓。ふたりともトイさんの指示を驚くほどさらさらと呑みこみ実践していた!自分の場合、とりあえず聞いた指示を、まず脳ミソのどこかの部分で咀嚼して解読してから行動するので、とにかく人より時間がかかる。この二人、スゲー!とか思っちゃう、、、王子なんか小学生のタクミに負けてたまるかと密かにライバル心を燃やしてるのだから。

帰りの車の中で、フラメンコって自由でいいよね、という話で盛り上がった。だけど今はとりあえず基礎を固めなきゃね、と。私の踊りももちろんそう。 何事も基本を知らないと自由にはなれないよね、などとしみじみ言い合った。

そしてスペインの音楽って、音よりも、ハートのほうがちょっとだけ前にせり出した感じがなんともいえないよね~という話も。 

そうえば高校のときのピアノの師匠から教わったのは、当時まわりがみんなバッハとかベートーヴェンとかショパンとかで盛り上がっていた時代になぜかスペイン舞曲だった。やけに派手でハートの熱い師匠だったなぁという印象で、、、今思うとあれはスペインだったのねぇ。なんだかこれにも不思議な縁を感じてならないな。

・・・・・・・

今夜も早めの晩ごはん、タクミの帰りが遅くならないようにと。

かつおと昆布のダシをしっかり利かせたカレー鍋をお蕎麦屋さんふうな味付けに仕上げた。具はスライスしたじゃがいもと大量の玉ねぎ、そして鶏肉のみ。鶏肉にほんのり片栗粉をまぶしたお陰でちょうどいいとろみがついた。しかもぽかぽかに。

・・・・・・

そういえば夕方まる子見てたら、なんと奴の誕生日と自分のとが同じだったことが判明。

どおりで昔から、他人じゃない気がしてならなかったのは、そういうことだったのね。

|

« トホホな日 | トップページ | ホイットニーの訃報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/44095355

この記事へのトラックバック一覧です: ギターはいいなぁ:

« トホホな日 | トップページ | ホイットニーの訃報 »