« 日曜日の青い空・白い月 | トップページ | のめりこむこと »

2012年1月 9日 (月)

宿題手伝い

冬休み最終日の今日、やり残した宿題を抱えてタクミがやってくる。「手伝って!」ってことだ。でもまぁ最終日にでも、「仕上げなきゃ」という気持ちが奴の中に芽生えたということは、かなりの成長だと思う。

その昔、夏休みの宿題を冬休み明けに提出するという伝説を作った男だ。そんな息子のペースを理解してじっくりと待ってくれていた当時の担任の先生には本当に感謝している。あのとき、もし先生が「早く・・・」という言葉を使っていたら、今の息子はいないと思う。たぶん、諦めているか、投げ出していたと思う。

 小さい頃から、とにかく何をやるにも他の子の何倍も時間がかかった。文字を書くスピードもゆっくりだったから連絡帳もいつも途中までしか書けなくて、、、だからもちろん次の日は忘れ物だらけ。

だけど、少しずつ、みんなと足並みそろえられるようになってきたと思うと、なんだか母として嬉しい。(それでもたぶん、まだまだ遅いほうだとは思うけれど) 思えば小学生生活最後の冬休みだ。早いな~。 

宿題ノートの最後のページにあった保護者欄のところに、「いろんな面で、この6年間ほんとによく頑張りました。そんな息子のことをいっぱいいっぱい褒めてやりたいです。」みたいなことを書いてやった。勉強意外の面で、たくさんの経験をしたし、普段母親がいない分、兄弟で家事を分担してやったりもしてる。「よく頑張った!」って言葉意外に何があるっていうのさ~。

・・・

あっという間に夕方。

一日じゅう部屋で缶詰になって仕事してた王子と、帰り仕度を整えたタクミと、3人で夕方の買い物に出る。タクミは夕暮れ時の「帰りたくない病」で、車の中で寝たふりをしていた。明日からいよいよ正月明けっぽくなるので、店の仕入れもする。長男がちょうど今日、誕生日だということに気づいてまぁるいケーキを買ってタクミに持たせる。長男は今年、高校生だ、早すぎるう。

・・・

駅でタクミを見送り、私たちもいつもの日常へ。今夜は白いごはんと納豆と味噌汁と焼き魚とお漬物。ココロもカラダもまっすぐになるような今晩のメニュー。

|

« 日曜日の青い空・白い月 | トップページ | のめりこむこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/43687051

この記事へのトラックバック一覧です: 宿題手伝い:

« 日曜日の青い空・白い月 | トップページ | のめりこむこと »