« 食卓コミュニケーション | トップページ | レッスン »

2012年1月18日 (水)

寒いなー

今朝、仕入れに向かう途中、前を走っていた白い車が右に車線変更しようとしたとき、後ろから速度を緩めずに走ってきたダンプとぶつかりそうになってた。どうやら白い車のおばさん、運転は不慣れだったように見えた。その様子を一部始終後ろから見ていた自分にはなんとなくそれが分かった。クラクション鳴らされて申し訳なさそうにしているおばさんの横顔が見えた。

一方ダンプの兄ちゃんといえば、カンカンで。危うく事故になるところだったかも知れないそのことをおばさんに伝えるべく、そのあとしばらくクラクションを鳴らし続けてた。そこまでならまだ分かる。

そのあとダンプの兄ちゃんがとった行動は、なんとおばさんの車を横から攻めるというものだった。あと数ミリでぶつかるというところまで近づいては離れる、、、の繰り返し。相手はおばさんだぞ、ヤンキーじゃない。後ろからその様子を見ていても、こわくてたまんなかったー。 

ダンプの兄ちゃん、何がそんなに不満なのだ。ダンプに、会社の名前だってしっかり刻まれてるぞ。 

世の中、なんかおかしい。

・・・

店はちょこちょこと新年会の予約が入ってきたので、その仕込みをする。うちの店、メニューがないので、リクエストがとくにない場合は、お客さんの好きなお酒に合うものとか、年齢とか男性なのか女性なのか、、そのあたりで自分なりに考えて用意することにしている。たいてい、そのとき自分が食べたいもの、というのがメニューになることが多い。ふふ。 

ここのところ寒いから、煮込みものが多くなる。おでんやポトフや肉の塊を煮込んだり・・・。まさに食堂メニュー。そして美味しく作るコツは、いつも自分を腹が減った状態にしておくこと。

・・・・・

夜は突然タクミがやってくる。今週2度目。寒い中、電車に乗ってやってきて、しかもとくに用事はなく、ただ、ご飯を一緒に食べて、また帰っていく、、、ただそれだけ。正味1時間半。

来た理由なんて何も聞かないけど、たぶん何かあるのだと思うし、言葉にする必要もないと思うし。

だからそっと寄り添うだけ。ダメ母としてできることは、そんなことくらいしかなくて、だけどココロの中では、「大丈夫だよ」っていつも息子たちのこと抱きしめてる。

彼らの気持ちを察すると痛くてたまんないときもあるけど、前を向いている母親の姿を見せ続けることも大事なことだということを、時が経ってから気づいた。

時間は何も解決してはくれないけれど、その時どきの想いを運んでくれる。だからどんなに苦しい想いも、悲しい想いも、そのレールに乗せてやるのだ。苦しい想いにフタをするんじゃなくて、そのまま乗せる。 そしてそこから導き出すのはこの自分。

人間はみんな弱っちくできてるけど、そういうところは人間の偉大さだと思ってる。

・・・

タクミから無事家に着いたと電話あり。

|

« 食卓コミュニケーション | トップページ | レッスン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/43797511

この記事へのトラックバック一覧です: 寒いなー:

« 食卓コミュニケーション | トップページ | レッスン »