« 優しい気持ち | トップページ | 子どもたちのココロ♪ »

2011年12月28日 (水)

ココロそしてゴハン

今日も朝から子どもたちのキャッキャの声で自分が戻ってくる。「メロちゃ~ん」って言いながら次々に走ってやってくる子どもたち、可愛いなぁ。 パクパク3日目。

子どもと一緒にいると、自分の中に勝手に作り上げた枠だとかそういうものが、すごーく意味のないものだということに気づかされる。大人になると、「自由」が小さくなる。だけど本当は、この子どもたちと同じ量の「自由」を大人だって持っているのに、勝手に小さくしてしまうのは、紛れもなくこの「自分」とういう人間なのだ。

だから子どもたちといると、自分の中の世界がどんどん広がっていく感じがするし、すごくすがすがしい気持ちになる。

・・・・・・

小さいキッチンに、みんなでぎゅ~ぎゅ~になって料理開始。これもまた楽しい。

 「トットロ~トットーロ・・・・」と、トトロの歌をみんなで口ずさみながら、包丁をトントンしていたら、気づけばみーんな細かいみじん切りになっていたのが、おかしかった。

 材料があまっていたことに気づいて、ささっと野菜炒めとか作っちゃう子もいたりして、なんとも頼もしかった。子どもというのは、お母さんをちゃんと見ているんだなぁ。 

大きい子が、小さい子の面倒をみながら、お母さんみたいな優しい言葉をかけていたのにも、胸キュンだった。 

ちょっとつつくと、話が止まらなくなっちゃう子もいたり、給食の話題で盛り上がったりしたのも、おもしろかった。 そしてなにより、みんなで作ったゴハンを、ちゃぶ台を囲んで食べべたのは、今日の宝物になった。

場面場面がそれぞれ切り取った絵みたいに胸に焼き付いて、今日という日の思い出になった。みんなありがとう。

・・・・・・

午後からは今日で仕事おさめの王子を、途中まで電車で迎えに行ったり、そしてその帰りに車屋のワカちゃんのところに寄って、王子号の修理をしてもらったりして帰ってきた。特別、私には関係ない用事ばかりだけれど、家にいるよりはこっちのほうがいい。

ここのところめっきり体調&精神的にもよろしくない姫のゴハンを帰りに買った。いろいろ考えて作っているつもりだったけど、自分の作るものは、彼女のお口にはなかなか合わないみたい。となると、ゴハンを作ることに、ますます最近自信がなくなってきて、作る意欲が湧いてこないというのが正直なところ。 唯一、王子とお客さんは、モリモリ食べてくれるので作りがいがあるのだけど。

体調ももちろんのこと、ゴハンというのは、ココロが正常になっていないと美味しさを感じないものなのだ。美味しさを感じないということは、味のないものを食べてるような感覚。王子とケンカしながら食べるゴハンも、すごく悲しい気持ちになっているときに食べるゴハンも、味がしないのは、そういうこと。

・・・・・・

年末だというのに、ちっともそういう感じがしないなぁ。

明日もパクパク。子どもたちと作り上げる時間、どうなるかな、楽しみ。

|

« 優しい気持ち | トップページ | 子どもたちのココロ♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/43544756

この記事へのトラックバック一覧です: ココロそしてゴハン:

« 優しい気持ち | トップページ | 子どもたちのココロ♪ »