« む、む、むかつくー!(日記だから言える) | トップページ | 分からないことだらけ »

2011年12月20日 (火)

仲間との再会

昨日は、あまりにも直球な気持ちを日記にしてしまったから、なんだか意味不明な内容だったな、などと反省。

感情は生きものだし、生ものだから、ありのままにここに綴ろうとはいつも思っていることで。しかしながら昨日は直球すぎた。

結構、この日記の中で生き延びてたりする自分がいるからなあ、、、。今となっては、この日記、自分の分身みたいなもの。書くことによって自分の気持ちと向き合ったりできるから、一日の締めくくりとして大事な場所なのだ。

・・・・・・・・

今日はランチにカウンセラー仲間が来てくれた。数年ぶりの再会だったから、顔見た瞬間、思わずハグしちゃった。メールも電話もお互いしていなかったけど、会えば「つながってる」を確認できる友達。 なんだか自分がへにゃへにゃだったせいもあって、お母ちゃんに抱きつくみたいな気持ちだったなあ。(私のほうが年上だけどー) ぐちゃぐちゃでもへにゃへにゃでも、そのままの自分を受け容れてくれる場所が彼女たち。カウンセラーってやっぱり素敵。 あぁ、会えてよかったぁ。

・・・

元気を充電できたところで、夕方、姫からお茶に誘われて近所にお出かけ。

最近思うのは、姫の中に、出したくてたまらない言葉が沢山埋まってるってこと。たわいもない会話なんだけど、そこで彼女のココロがほぐれていくのが分かるから、とことん付き合おうと思う。相変わらず毒舌なところもあるけど、自分も負けないくらい毒を吐きまくり、なんだか漫才みたいなやりとりになっているところも面白いと感じるようになってきた。

コミュニケーションなんだな、すべて。相手に気づかいながらしゃべるだなんて、自分には無理、疲れちゃう。それが通用する人でよかった、姫が。

あとは、そこに息子である王子と弟君がどう関わってくるかというのが問題。息子たちにとって、母親である姫というのはかけがえのない存在で、そうなると姫以外の女性が(オイラ)混ざること自体、表面的には受けいれているのだけど、実はそうでもない(気持ちの底のほうでは)ということを、最近よく感じたりする。王子にとっては、恋人がふたりいる感覚に近かったりするということも。そういう王子の気持ち、分からなくもない。そういうとき母子家庭親子の絆の深さをしみじみと感じる。

すべては家族のカタチ。  誰も悪くないし、誰もせめることはできないし、、、、すべてがバランス。みんなが仲良くなれるカタチ、それだけが私の望み。

家族って、ひとり増えたり減ったりするだけで、そのバランスをとるのすごーく大変になるんだよなぁ、、、、そういうのを肌で感じてる今日このごろです。

そしてやっぱり大事なことは

どんなときも自分が自分であるということ。

・・・・・

そういえば、今日は姫に、自分がいつもつけているエプロンのほころびを直してもらった。きれいにそろった縫い目を見たら、思わず胸キュンだった。なんだかお母さんがそばにいるみたいな温かい感覚になったよ。(まだお母さんとは呼びたくない自分もいるけれど)

|

« む、む、むかつくー!(日記だから言える) | トップページ | 分からないことだらけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/43448863

この記事へのトラックバック一覧です: 仲間との再会:

« む、む、むかつくー!(日記だから言える) | トップページ | 分からないことだらけ »