« 今宵は大人の雰囲気 | トップページ | 母と食と愛と命 »

2011年11月27日 (日)

人間付き合い

一週間のほどよい緊張感が一気に緩む日曜日の朝。寒くて布団から出られず、いつまでもぐずぐずしていた。窓から差し込む陽のまぶしさと、バカ正直な腹時計のお陰で、眠い目をこすりながらもムクムクと起きたけど。夕べは、お風呂にも入らずにバタンと倒れこむように布団にもぐりこんだので、キッチンもそのまんまになってるし。まずは後片付けからだな。

・・・・・・・

午後は長年お世話になったフラメンコ教室の発表会を見にいく。ライブが始まる直前まで、過去のいろんな思い出やら、今でも変わらないフラメンコへの情熱やらで、胸がいっぱいで、しかも舞台に立たない自分なのだけれど、なぜがすごおおく緊張していて、お腹が痛くてたまんなかった。これじゃ、踊ってたほうがまだ楽だ、というくらいに。

思ってもみなかったが、ショーが始まると、すべての感覚が踊ってたあのころに戻ったから不思議。体に沁み込んでいる感覚は、そう簡単には消えないんだぁと思った瞬間だった。リズムを刻む感覚とか、音と音との間に存在する独特の空間とか、まるで生きもののようにリアルなカタチをもってせまってくるあの感じ。うううう~しびれるぜ~。

かつて一緒に踊ってた仲間たちも、いちだんとうまくなっていて、ひとりひとりの存在感もすごかった。ギターの音色にうっとりし、師匠の踊りに思わず涙し、ああやっぱりこの感覚が自分は好きなんだなって素直に思えた。

・・・

フラメンコから離れた1年間、いろんなことがあったし、闘う想いもたくさんあって、でもなんとか師匠にも仲間にも、当時と同じ温度の自分で会うことができて嬉しかった。たぶん、自分なりに乗り越えたものはあったんじゃないかなと思う。もし、何かまだ引きずるものがあったら、たぶん今日ここには来られなかった。

・・・・・・

ステージが終わったと同時にみんなに会いたくてハグしに行こうと走って行ったら、あまりの素っ気なさに意気消沈だった。えっ?!って感じで、なんだかバカみたいとか思っちゃったよ。

そっかー。自分がなんだかわからないけどフラメンコから遠ざかった理由というのは、もしかしたらここなのかな、と思った。やっぱり私は人が好きだし、そういう部分を大事にしたいし、そこがなければ何も始まらないのだ。暑苦しいと思われようが人間っぽい付き合いを自分はしたい。 いろんなことが見えちゃった瞬間だったし、なんかとっても悲しい気持ちになっちゃった。だけどやっぱり踊ることは好きって気持ちは確かにここにあるし、、、むづかしいのう。 

・・・

なんとなくしょんぼりな気持ちだったので、帰りに中華を食べて紹興酒をがんがんに飲んで王子にグチを聞いてもらい、なんとなくスッキリ。こういう気持ちのときには、まず、こういう自分自身が嫌いになるので、もっともっと人間的にレベルアップしなきゃ、とか思ったりする。でも、その繰り返しで今まで来たし、そういう刺激があるからこそ、明日にも希望が持てるってもの。

まぁだけど、今日は一日いろんな意味でよい日だったといえると思う。

|

« 今宵は大人の雰囲気 | トップページ | 母と食と愛と命 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/43171211

この記事へのトラックバック一覧です: 人間付き合い:

« 今宵は大人の雰囲気 | トップページ | 母と食と愛と命 »