« 想う日。 | トップページ | ソウル食べまくり① »

2011年10月19日 (水)

寒くなってきた。

夜、王子が仕上がった仕事を納品しに行くというので一緒についていく。星空ドライブ~、、わぁーい嬉しい。

車の中でなぜかこの間の東京出張の話になり、秋葉の話題でひとり盛り上がっていた王子。あまりにも楽しそうに話しているので、私もそこに乗っかってやると、ますます萌え~話に拍車が掛かった。きっとこれは聞いてあげたほうがいいな、と思って「へ~」とか「そうなんだぁ」とか相槌打ってただけなんだけどさ、、こんなに盛り上がるとは! 聞いて欲しかったんだな、萌えな話。(萌えの内容はここには書けないのでご想像にお任せします)

そういうことってあるよな。聞いて欲しいんだけど、なかなかきっかけがなくて、自分の中にしまい込んでいるうちに、どんどんその感情が膨れあがっちゃうことって。そんなとき、話の流れとか、相手の表情とかで、こちらが何かを感じとって、軽くつついてあげると(つつき過ぎはダメ、あくまでも寄り添う感じ)、そこから相手の想いとか感情が、ぶわぁ~~~っとあふれ出してくる瞬間って。 

王子ってば、さんざんしゃべって身軽に(?!)なったらしく帰ってきてワイン飲んでたよ。それにしても、私が子供の頃の秋葉というのは、電気街のイメージしかなかったけど、今はだいぶ変わったみたいだよ。メイド、オタク、、、だけじゃないのね。王子は、「あそこはエロスの聖地なんだよ」ってしみじみ言ってたよ。知らなかったぜ、萌え~~~。

・・・・・・・・・・・・

すごーーーーく久しぶりに、フラメンコの師匠からメールが来る。来月の発表会、観に来てね、みたいな内容。正直、自分の中で複雑に絡まってしまったフラメンコへの想いが解決されていないので、微妙な感じだった。「フラメンコ」自体は大好きなのに、、、なぜかな、、、どうしても足が一歩前に出ない感じだ。尻込みしてしまう。

ずっと続けていたフラメンコだけど、あるとき「あれ?何かがおかしい、、、これ違う、、」と、自分の中にあるセンサーが反応してしまい、それ以来、レッスンには行っていない。先生も仲間もみんな大好きなのに、なぜかな。自分の気持ちに負担をかけてまで、やろうとは思わないし、時間が何かを気づかせてくれるときがやってくるかも知れないから、それまでじっと待っていようと思ったのだ。

師匠のメールで自分がそんなふうに反応するだなんて。やっぱりまだ、何かが引っかかってるってことだ。 

だけど、師匠が自分みたいな人間にメールをくださったというそのことだけが嬉しかったので、「観に行きます」と大人的に返事をした。相手の気持ちは無駄にはできないよ。

・・・・・・・・・・・・・

夜はすっかり涼しく、、というか寒いくらい。明日から、王子の仕事仲間たちの旅行?!に便乗する自分。要は、ひとりで留守番ができないので、お仲間たちに無理やり混ぜてもらうというわけです。たくさんの土産話を持って帰ってきます。

|

« 想う日。 | トップページ | ソウル食べまくり① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/42599528

この記事へのトラックバック一覧です: 寒くなってきた。:

« 想う日。 | トップページ | ソウル食べまくり① »