« 今夜は寒いな | トップページ | 続けて見えてくること »

2011年10月26日 (水)

感情を出し切る

朝晩はだいぶ肌寒く感じられるようになってきた。今シーズン初めて暖房を入れるも、モヤモヤと生ぬるい風が気持ち悪くて、すぐに消す。さすがにまだ早かったわねぇ。温度調整のむづかしい時期だ。

夜はめずらしい友人が来てくれる。昼間の彼女しか知らないから、ちょっと意外な感じ。いろいろ聴いてみると、家でひと悶着あったらしい。そのわりには、話すトーンもいつもと変わりなく、そのようなことがあったとは思えないくらいの冷静さ。大人だなぁと思った。私だったら発狂してるかも。

そんな中、自分といえば聴くことしかできないので、彼女の気持ちに寄り添いはしたけれど最終的に自分をなんとかするのは、自分しかいないので、彼女の中で、なにか感じるものがあればいいなと思った。今日の段階ではまだ、彼女の中にフツフツと沸き立つ感情を受けとめることしかできなかった。もしかしたら、もっと引き出してあげればよかったかな、とも思ったけど。ぐちゃぐちゃでもめちゃめちゃでもいいのだ。

とりあえず「想い」を出し切ることは、とても大事なことだから。よくいう 「普通は○○だから・・・」とか「たいてい○○だから・・・」などという一般論的なものにココロは支配されがちだが、そもそも生まれてくる感情には、「普通」も「たいてい」もありゃしない。脳ミソとはまったく無関係なところで勝手に湧いてくるものなのだ。そして、その湧いてくるものに、すべての意味と答えが含まれている、と自分はそう思っている。

なので、頭で考えるのではなくて、感じるものに寄り添うということはすべての基本のような気がする。

などと、書きながらも、大好きなその友人が苦しい思いをしてると思うと、胸が痛む。自分よりずっと若いのに、たくましく生きる彼女の姿には、いつも尊敬の念を抱く。ものごとの考え方もすごくしっかりしていて頭もよくて、いつだってパワフルな彼女。チャーミングでキラキラな彼女。

今までたくさんの苦労を乗り越えてきたであろうことは痛いくらいわかる。きっと苦労をしてこなければ今の彼女はなかったと思うし、だけどそんなこと微塵も感じさせないくらい、いつも輝いているんだもの。なんとか今を乗り越えて欲しい。

・・・・・・・・・・

夜も遅くなったころ、久しぶりに日付変更線前に帰ってきた王子と、ファミレスにお茶しに行く。なんか若いカップルみたい。るんるん。っていうかファミレスしかやってなかったのね、、、この時間。

ここ数日のお互いの近況報告をし合ってなんだか幸せな気持ちをかみしめる。幸せって、いろんなところに落っこちているんだなと、しみじみ思った。小さくても大きくても、実は同じ重さなんだな、ということも。要は、感じた者勝ちなんだな、きっと。

|

« 今夜は寒いな | トップページ | 続けて見えてくること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/42701910

この記事へのトラックバック一覧です: 感情を出し切る:

« 今夜は寒いな | トップページ | 続けて見えてくること »