« 鶏モツ大会 | トップページ | ちゃぶ台の日。 »

2011年9月16日 (金)

ボーリング大会

ランチにお友達カップルが食べに来てくれて、そのあと、そこに私たちも加わり4人でボーリング大会となる。そんな中、運動オンチな自分だけは、全然乗る気無し。。。だけど、友達みんなでワイワイするのは嫌いじゃないので、なんだかわからないけど着いて行く。

・・・・・・・・

平日昼間のボーリング場はガラガラ。そこそこの活気がちょうどいい。

友達はマイボールとマイシューズを持参するほどの本格派。だから私たちを誘ったのだなー。このへなちょこふたり組をー。

・・・・・・・

最初は「もーやだー」なんてブーたれてた自分も、いざ投げてみるとなかなかこれが楽しくて!だけど楽しいだけで、まったく点は入らない。 あまりの私のヘンテコフォームに、王子と友達ふたりして、いろいろと投げ方を伝授してくれるも、まったく体がいうことをきかなくて。しまいには、両手で股の下からまっすぐ投げろ!ということになり、このかなり恥ずかしいフォームで試してみたら、初めてストライクが出る。ものごとは何でも、むずかしく複雑に考えるよりも、単純明快が一番!ということだ。

それにしても、ボールと一緒に転がりまくったのでお尻と右腕が痛い。単なる運動不足だけど。 王子のほうはというと、こんな私よりちょっとはマシという感じ。そういうレベル。

・・・・・・・・・・・・・

いっぽう友達カップルのほうは、これがまたイチャツキ度がハンパじゃなくて、ここは外国ですか?と疑ってしまうほど。誘ってもらった私たちの目のやり場にすごーく困った。

あまりにもお二人だけの世界がそこに出来上がっていたので、王子と顔見合わせて、「私たち、居る意味あるのかな?」なんて言い合って面白かった。 彼女が投げるたびに、彼氏に抱きつく様子も可愛かった。 もっぱら私たちといえば、超ミニスカートからシュっと伸びた彼女の生足に釘付けだった。いったいオイラたちは何しに来たのでしょー。

・・・・・・・・・

ボーリングの点数は、オイラたちへなちょこ組は、アツアツ組の半分。まぁ、こんなものでしょう。 久しぶりにいいものを見させてもらったような(何を?)、幸せのおすそ分けをちょうだいしたような、、、なんだか気持ちはポカポカだった。

帰り道、小雨がぱらついてきて、灰色の空がむこうから迫ってきているのが見えて心細くなる。空の色と空気の感じに気持ちが揺らぐ自分はやっぱりへなちょこ。

家の前まで送ってもらって、なんとなく「ばいばーい」が途切れるのが淋しくて、いつまでも手を振ってた。「また遊ぼうね」って子供みたいに約束した。

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・

さて。日常に戻るとしよう。だけどなかなかスルっと戻れないのが私のダメなところ。

|

« 鶏モツ大会 | トップページ | ちゃぶ台の日。 »

コメント

ミニから生足、

これは確実に相手の集中力にブレを起こさせる作戦ですな。

そんな作戦にオジさんがハマると思ったら大当たり!!!喜んでその作戦にハマりましょう!!!

投稿: ベンベ ジュニック | 2011年9月17日 (土) 17時34分

>ベンベ ジュニックさんへ♪

そうかー。
あれは作戦だったのかー。
うむむ・・・。(-ε-)

投稿: メロディ♪ | 2011年9月18日 (日) 11時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/41762507

この記事へのトラックバック一覧です: ボーリング大会:

« 鶏モツ大会 | トップページ | ちゃぶ台の日。 »