« 夕暮れぽかぽか | トップページ | みつあみの思い出 »

2011年9月13日 (火)

「おでんのはしご」の巻

晩ごはんをしっかり食べたのにもかかわらず、仕事に煮詰まっていた王子が「おでん買いに行こう」というのでついて行く。向かうのは、のれんのかかった所ではなく、コンビニっていうところが身近なちょっとした息抜きっぽくてよい。

いつもみたいに車でびゅーっと行くかと思いきや、歩いて行こうと言う。 普段どんなに近いところにも車で出かけちゃう自分としては、なんとなくおっくうに感じる。でもまぁ、秋の夜の空気を感じながら行くのもわるくないか、と久しぶりに地面の上をまじめに歩くことにした。 右にいる王子は歩きながらずぅっと呪文みたいなのをとなえていた。パソコンから離れても、頭の中でお仕事しているのだ。

・・・・・・・・・・・

まだ9月だ。おでんって感じでもないけれど、コンビニの扉が開くときに、ふわっと香るおだしの匂いについつい食いしん坊魂はくすぐられてしまう。めずらしいおでんの具をいくつか詰めて、だしもたっぷり入れて、お味噌ももらって(名古屋だねー)、ビールも買って、また夜道をてくてく歩いて戻ってきた。謎の呪文を隣で聞きながら。

・・・・・・・

「コンビニも侮れないねー」なんて言いながらふたりでペロリと食べてしまい、(晩ごはん食べたのに)「もっと食べたいね」、「また買いに行こう」、となり、今度はさきほどとは違う店(のれんはない)を目指すことに。ふたりとも食いしん坊根性炸裂だ。

・・・・・・・・・

かなり遠くまで歩いた。心地よい夜風も、いつの間にかなまぬるく感じる。額にじっとり汗をかく。「なんか体にいいことしてるよねー」なんて言い合うも、合間におでん食ってビール飲んでるんだから、これが体にいいわけないよなー。

2件目のコンビニのおでんは、なんだかやけに色白で鍋の中を覗き込んでいたら、恰幅のいい姉ちゃんが(この女性なら深夜バイトでも大丈夫だわーと思わずうなずける人)

「まだ入れたばかりで味しみてないんですよー」 と言う。

「えぇぇえ~!」と私たち。おでんを食べたいという気持ちよりも、こんな遠くまで歩いてきたのにぃ・・・の脱力感。

だけど、ここで諦めないのが私たち。食べ物以外のことではさっさと諦めるくせに、ここはやっぱり食いしん坊根性ってやつ。(コンビニおでんごときでこんなに燃えるだなんてー。) また次の店(のれんはない)をめざす。

またしても、てくてく歩いた。気づけば呪文は消えていた。もうそれどころではないのだ。

・・・・・・・・・・・・・

10分ほど歩いたところの店のおでんは、いい感じのしみ具合だった。だしが澄んでいてこれは期待できそーな感じのやつ。ビールも買って家路を急いだ。信号はすでに点滅に変わり田舎の夜の感じを色濃くしている。大きないちじくの木の横を歩くとふわっと熟した香りがしてきた。 深い緑をたたえた稲穂は、さ~っと音をたてて夜風になびいていた。波の音みたいだった。

・・・・・・・・・・

家に着き、おでんじゃなくて、まずはビールを喉を鳴らしながらぐびっと飲んだ。すごぉぉく美味しく感じた。

肝心のおでんはというと、、、化学調味料がビシビシきいていて、異様に喉が渇いた。最後にしてこういう結末を迎えるとは思ってもいなかったけど、なんだか気持ちはとっても満たされていた。だったら最初の店でやめときゃよかったんじゃ、とはこれっぽちも思わなかった。

・・・・・・・・・

「コンビニおでんをはしごするなんて、またひとついい思い出ができちゃったー」と、相変わらず、自分がおばぁさんになったときにきっと振り返るであろうという設定で言う。いつもそう。

謎の呪文を聞きながら田んぼの道を歩いて、いちじくの香りをかいで、点滅信号の下を走って渡り、、、、。そう一瞬一瞬がみんな思い出になることを願いながら。

・・・・・・・・・・・

そうやって食べたおでんは、今まで食べたどこのおでん屋のよりも、美味しく感じられた。

予定外のことをすると、たいがい楽しいことになるという、この世の法則だな。

|

« 夕暮れぽかぽか | トップページ | みつあみの思い出 »

コメント

>予定外のことをすると、たいがい楽しいことになる

全くです。
ちなみに私の人生は予想外の連続です(爆)。

投稿: ベンベ ジュニック | 2011年9月14日 (水) 16時42分

>ベンベ ジュニックさんへ♪

ふふふ。

それっていいことだっ♪才能だっ♪


ありのまんまに生きてたら
自然にそういうふうになるんだろーね~(・∀・)

投稿: メロディ♪ | 2011年9月15日 (木) 09時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/41682177

この記事へのトラックバック一覧です: 「おでんのはしご」の巻:

« 夕暮れぽかぽか | トップページ | みつあみの思い出 »