« みつあみの思い出 | トップページ | ボーリング大会 »

2011年9月15日 (木)

鶏モツ大会

王子のいる日は、ちょっと遠くまで買い物に行く。近所のスーパーではなかなかお目にかかれない品々が並ぶ、市場みたいなスーパーだ。

朝一番に行ったりすると、多くの商売人がひしめいていて、いろんなところからは店の人の威勢の掛け声が飛んでくる。大きな魚も丸のまま氷の上に横たわってる。色とりどりのピチピチな野菜たち。お肉も豪快な大きさでカットされている。

ここに来ると、その勢いにのまれて、思わず予定外のものもたくさん買ってしまうのだ。今日も、冷蔵庫に入りきらないほどの食材を購入。帰ったらまず下ごしらえだー。

・・・・・・・・・

王子が勝手に?!鶏モツを買い物かごに入れていた。モツといえば、レバーとかハツとか砂肝とか、そしてキンカンとよばれる玉子の部分。これはもう「モツ煮作ってくれ」ということ以外ないでしょー。

・・・・・・・・

鶏モツ煮というと、今ではすっかり有名になった甲府のB級グルメの代表。以前、なにかのイベントのときに屋台の下(愛知県です)でこれを食べて、それ以来、ずっとお気に入り。愛知のあたりのモツ煮というと、豚とか牛を使うし、汁もたっぷりだ。(この汁ごとオンザライスするの好きだなー)だけど、甲府のそれは、汁がほとんどなくて、蒲焼のタレみたいにモツと絡まって照りがかかってる。だから名古屋のとは全然違う。

だけど実はこれ、子供の頃から食べてた。父ちゃんが山梨の人だから、よく作って食卓に上ってたのを覚えてる。日曜日ともなると、台所から砂糖と醤油を炊いてる甘辛~い匂いがしてたもの。

だから今さらこんなもの(言い方悪くてごめんなさい)が、全国で有名になっちゃうなんてー!と私にとってはちょっと驚きだし、今さら?、な感じ。だけどご当地グルメっていうのは、もともと町おこしとか復興とかそういうものが目的だから、それを「食」っていう一番身近なところで確立させていこうっていう考えはとても素晴らしいことだと思う。しかもそれは「食」そのものの意味のような気もするし。

・・・・・・

私にとっては子供の頃に食べた父ちゃんの味でもあるモツ煮を今日もせっせと作ったのだけど、今まで作った中で一番よくできたー!(と思う)

買ってきた鶏モツは、そこいらへんで売ってるものよりも、ぷりんぷりんしていてツヤツヤしてた。モツ系はやっぱり鮮度が命だと思う。すぐ臭みが出ちゃうからね。

それを適当な大きさに切って血のところをさっと洗ってあげて。そしたら、もうすぐに鍋に放り込んで、砂糖と醤油をぶっこんでグツグツ~って煮ただけ。 そしてこの「放り込んで」とか、「ぶっこんだ」というこの勢いがうまくいった理由だと思うのだ。

・・・・・・・

今まで何度か作ったけど、臭みを抜くために最初に酒と生姜で軽く炊いてみたり、落し蓋したり、照りを出すために最後に水あめを加えたり、いろいろやってみたんだけど、なんだか見た目も味も中途半端だった。

今日はとにかく勢いで作った感じなのだ。たまたまそのとき別の料理と平行して作業していたので、鍋の様子もマメに見なかったし、ほっぽらかしだったし、それがよかったのかも。

そして、そういう感覚が自分の中に自然にわいてきたことにもびっくりだった。自分は甲府で生まれ育った人間じゃないけれど、あちらのお母ちゃんたちが昔から作っていた感覚みたいなものが、ほんの少し分かったような気がした。

だって、そもそも鶏のモツなんて、今だからこそ、食感がいいとか、ヘルシーだとかって、もてはやされているけど、昔は捨てちゃうような部分だったんじゃないかなー。それをせっせとお母ちゃんたちが濃い~味付けで炊いて立派なおかずにしちゃうんだもの。郷土料理っていうのは、そもそもそういうものなのかも知れないなー。昔の人の知恵とか、その土地の風土とか生活とか、そして何よりも、食べ物を大事にする精神とか、そういう想いが全部込められて生まれたものなんだろーなーきっと。

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・

そう思うと、「食」って深いなーと思う。

だからオモシローイ!

そして意外なところで、私は子供の頃に食べた父ちゃんの味と遭遇したりするわけだから、「食」は人生を紡いでいくもの、と言えるものかもしれないな。

|

« みつあみの思い出 | トップページ | ボーリング大会 »

コメント

本題からズレるんですが、お腹空いている時に買い物すると買い過ぎません?

沢山買った割にはイザ料理するとなると使い切れなかったりで勿体無いことにしちゃったり。

なんかよいアイデアないですかね〜

逆にお腹いっぱいの時に買い物いっても何も買いたくなくて(汗)。

投稿: ベンベ ジュニック | 2011年9月16日 (金) 15時23分

>ベンベ ジュニックさんへ♪

たしかに!

腹ペコのときには買いすぎちゃいますねー(;´▽`A``

だけど脳ミソがクリアになってるので、結構いろいろ考えながら買い物してたりするんですよね~。

なので!私の場合は
買ってきたらすぐに、下ごしらえというか下処理的なことをしておくんですよー。
お肉だったら、塩こしょう、香草類とオイルをすりこんでコーティングしておくと、味もしみるし、やわらかくなるし、日持ちもするしー。
魚は内臓とって、塩しておくとか。お腹にハーブ詰めちゃうとかー。

食材によっては、火を通しておくと、料理のバリエーションが広がるものもあるしー。

なので冷蔵庫の中は、買ってきたものそのまま っていうのはあまりないかもー。とりあえず何か軽く手をかけておくと、作るときに意欲も湧いてくるものですよ~(*゚▽゚)ノ


ぜひ、腹ペコで買い物行って、そのまま下ごしらえまでしちゃう方法をオススメしま~す( ̄▽ ̄)

投稿: メロディ♪ | 2011年9月17日 (土) 08時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/41732229

この記事へのトラックバック一覧です: 鶏モツ大会:

« みつあみの思い出 | トップページ | ボーリング大会 »