« くだらなーいと分かっててもケンカ | トップページ | 夕暮れお月さん »

2011年9月10日 (土)

料理からその人が見える

小腹がすいたとタクミがホットケーキを焼いていた。

彼の家は男だらけだし、父親も忙しい人なので、「腹が減ったら自分で作る」というのがあたりまえなのだ。私があの家にいたときからそうだった。息子たちが小さかった頃、台所の片隅にはいつもお風呂で使うイスが置いてあったもの。・・・・・・・・

料理をしている姿から、その人が見えてくるような気がする。むちむちした子供っぽいタクミの手は、とてもやさしい感じに見えた。プロレスごっこしてる彼からは想像もつかないくらい丁寧でしかも繊細な感じ。

・・・・・・・・・

夏の料理教室でも思ったことだが、男の子というのは、女の子よりも繊細な部分を持っているということ。すごーく大切なものを扱うように、ひとつひとつの工程を大事にしてたりする。

一方、女の子というのは、意外にもどっしりと構えてたりするのものだ。工程を大事にするというよりも全体を見ている感じ。これも、台所というのが、そもそも女にとってそういう場所であると言うことなのかも知れないなー。小さな女の子たちを見ていても、そういうのを感じるのだから、生まれながらに備わった女という生きものの役割みたいなものなんだろうか。そういうのって不思議だし、おもしろいと思う。

・・・・・・・

ホットケーキをひっくり返す手つきだとか、フライパンに薄く油を敷く丁寧な感じとか、私なんかよりもずっと上手なタクミ。はじっこをかじってみたら、フワフワで旨かった!バターとたっぷりのメープルシロップをかけて、ありんこになって食べてたタクミ。またしても、彼の成長ぶりを垣間見てきゅんとなった。

・・・・・・

ちなみに私の料理がいつも「工作してるみたい」というのは、もちろん食べるものを作っているわけだけど、作ることを本人がとにかく楽しんでいるので「モノ」を作る感覚なのだ。見た目、味つけ、全体のバランスとか、同時にいろんなことを考えてそれを組み立てる作業。だから工作。

そういえば初めて王子にご飯を作ったときに、それを見ていた王子が

「まるでサザエさんだね」 ってクスクス笑いながら言ってたけど、どーいうことなのかはよく分からない。

・・・・・・・・・・・・

・・・・

今夜はパーティー料理のご予約。大皿料理を作るのはすごく楽しい。やっぱり料理ってちょっとづつ作るよりも、ドーンって作ったほうが美味しくできるような気がする。お肉だって薄いの一枚焼くより、塊で火を通していったほうがだんぜんジューシーだもの。女性が多いって言ってたから、「ちょっとづついろいろ」がいいかもー。

さてー。仕込みの続きを。

|

« くだらなーいと分かっててもケンカ | トップページ | 夕暮れお月さん »

コメント

自分のところには息子が生まれたばかりでして、大きくなるのが楽しみなのですが...
小学生くらいになったら一緒にご飯を作ってカミさんに食べさせたいなぁ、っていうのが小さい夢だったりしますね。
家に転がっている楽器に興味を示してハイハイで突進して行きますが、まぁ環境に応じて自由に伸び伸び育ってもらいましょうかと。
料理(に限らずですが)ってその人の性格がもろに出ますよね。男女観の相違に関しても同意です。

投稿: ベンベ ジュニック | 2011年9月11日 (日) 21時09分

>べんべ ジュニックさんへ♪
ブログにあったお子さんの写真、見ましたよー。
あんまりにも可愛くて優しい表情をしてたから、女の子かと思いましたよー。これは絶対ママ似でしょー(笑)

男の子ですかぁ、それは将来が楽しみですねー♪
パパみたいな音楽家かもしれないし・・・。
いづれにしてもおっしゃるとおり、のびのびがやっぱり一番です(*゚▽゚)ノ


たしかに料理ってその人の性格でますよー。
自分の場合は、「ハチャメチャずっこけ、、、だけどハッピーエンドタイプ」ですぅ。ヾ(´ε`*)ゝ


投稿: メロディ♪ | 2011年9月12日 (月) 08時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/41623546

この記事へのトラックバック一覧です: 料理からその人が見える:

« くだらなーいと分かっててもケンカ | トップページ | 夕暮れお月さん »