« 台風の夜 | トップページ | お銚子な夜 »

2011年9月21日 (水)

台風のあと

ここ2日間、自分の中のものとひたすら闘った。湧いてくるものには逆らえないという自分の昔からのクセ。はたして、これがいいことなのか、どうなのか。

ただたんに、めんどくせー奴ということなんだけど。それに黙って付き合ってくれた王子には本当に感謝しなければなんない。あー、こんな私で申し訳ないと、、、。けど、こんなふうにしかできなくて、これからもご迷惑かけまくります、、、とは言わなかったけど、今そんな気持ちでいる。

・・・・・・

じゃ、なぜここでこの闘いを締めくくるのだ?といえば、これもまた単純に、疲れたからだ。

ひとりで大声で泣き喚いて、大暴れして、(ほとんど覚えていないのだけど)自分で自分を痛めつけたとみえて、左半身アザだらけ。しまいには、過呼吸状態となった。最悪だ。

もうここまでくると異常としかいえない。。。やってることはおそらく小さな子供と一緒なのかも知れないし。いや、もっとたちが悪い。

こんなに暴れれば、さすがに疲れる。もうへろへろになった。

で、感情はどこ行った?といえば、まだこれがちゃんと自分の中に残っていて、何かが解決したわけではないけれど、姿かたちを変えて今もまだ存在してたりする。まるで、カチカチの強情な石のかたまりが、その輪郭を緩めてゴムボールになったような感覚。まぁ結局、石もゴムボールも自分で作り出したものだから、そこに寄り添うしかないのだけど。魔法のように、一瞬にして消すことなんてできっこない。インチキ占い師じゃあるまいし。

・・・・・・・・・・・

真面目に生きていこうと思えば、やっぱりそこにはいろんな感情が生まれる。そもそも「真面目に」なんて考えなくても生きていけるものかも知れないけど。

自分の場合は、すぐに挫けるし、転ぶし、だから負けそうになることが多い。それはもしかしたら癖のようなもので、自分の中でパターン化されているものなのかも知れなくて。

だけど、それでもいい。不器用でもなんでも。それが自分だもの。自分が今まで歩いた道で創り上げられた私の体とココロだもの。めんどくせーと思いながらも付き合っていくしかないのだ。

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

ごはんも全然きちんと作ってなくて、だけど腹は規則正しく時間を告げてくれるわけで。

その間も私の体の細胞ちゃんたちは、ちゃんと元気でいてくれたのだ。なんだか愛おしい。

なんか作ろう。

|

« 台風の夜 | トップページ | お銚子な夜 »

コメント

台風と一緒に、モヤモヤな気持ち?も去ってくれたなら良かったんじゃないかい?

金八先生じゃないけど、人は支えあって生きるもの。
一人で暴れるのもいいけど、いざという時には頼りませう。

あ、そうそう、浮き輪じゃないけど、ベランダで使っていたプールが海翔には小さくなっちゃったから、今後の脱出用にいる?
オールは給食センターのおばちゃんが使っているようなシャモジで(^/^)

投稿: ちーころ | 2011年9月22日 (木) 14時48分

>ちーころちゃんへ♪
うん。そーする。
ありがとう。
どうしても抱え込んじゃう自分の癖はなんとかしなくちゃね。

海翔のプール、もらっちゃおー。

これでかなり万全体制だわー。( ̄▽ ̄)

投稿: メロディ♪ | 2011年9月23日 (金) 07時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/41906437

この記事へのトラックバック一覧です: 台風のあと:

« 台風の夜 | トップページ | お銚子な夜 »