« 予定のある日 | トップページ | 新大久保レポ。そして吉祥寺ハモニカ横丁 »

2011年8月12日 (金)

ちーころちゃんちへ。そしてそのあと。

昨日、パクパクキッズを終えてちーころちゃんところに向かった。

ちーころちゃんとは高校、大学の7年間一緒に青春時代を送った親友である。その後、私が結婚したり、出産したり、名古屋に引っ越したりしても、人生の節目節目で会ってる大事な友人。

今回彼女に会いたいと思ったのは「近況報告せねば」と、どうしてだかそう思う自分がいたから。そう思うと節目ということなんだろうか、今回は。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

向かうはさいたま新都心。「さいたまアリーナ」のすぐそば。

車で行くのは初めてだし、運転手の「王子」という人に会わせるのも初めて。

・・・・・・・・・・・・・・・・

日にちだけしっかり決めてウキウキわくわくで乗り込んだけど、「足柄」を過ぎたあたりから渋滞が始まった。ラジオの交通情報のよるとどうやら今日からお盆の帰省ラッシュとのこと。あー、20時過ぎには着くはずだったのに、、。

・・・・・・・・・・・・

途中、あまりに車の進みがゆっくりなのと、王子の眠気との闘いもあって、一度高速を降りたり、、、車の流れが出てきたのを見はからって再び高速に戻ったりで、、、

予想してた時間の倍かかってようやくちーころちゃんのとこに到着。すでに22時をまわってた。夜分遅くにごめーん、という感じになる。

・・・・・・・

2年ぶりくらいのちーころ亭は、やっぱりなんだか落ち着く。ご主人がお得意の餃子を焼いて待っててくれた。やったー!この餃子、ちーころ亭に来るたびに御馳走になってるのだが、まさにお店顔負けの味。具の味のバランスといい、包み方といい、絶妙な焼き具合といい、バッチリ。

王子は「初めまして」と同時に餃子にかぶりつき、ビールを流し込んでた。まるで自分ちみたいにくつろいでいた様子。ちょっとぉ~。( ̄0 ̄;ノ

・・・・・・・・・・・・

そしたら私たちの気配に気づいてか海翔が(ちーころちゃんとこの長男です)起きてきて、彼も宴会に参加。腰をくねくねしながら陽気に踊ったりしてる姿はゼンマイ仕掛けの人形みたいでめちゃくちゃ可愛い。まったく人見知りというものを知らない海翔は誰にでもすぐ馴染んでた。子供好きの王子は彼のオモチャとなる。

・・・・・・・・・・・・

会えば学生時代の話題に花が咲く。私たちにとってあの時代というのは伝説みたいになってる。日々、音楽に明け暮れてたあの頃というのは、今思うとかなり濃厚だった。音楽しか知らないようなナンチャッテお嬢様みたいな位置にいたし、それを楽しんでいたのも確かで。

個性の塊みたいな人間があふれてたあの学校はかなり特殊だったし、面白かったし、学食のラーメンの味と一緒で、今でもすぐに思い出せたりするもの。あれから20年ほど経っているけど、今でも手を伸ばせばすぐ届きそうな場所に、その思い出は温度をもって私たちの中に生きてる。

・・・・・・・・・・・・・

話は尽きなかったけど、もう0時をとっくに回っていたので、ちーころちゃんが予約してくれてたマンション敷地内にあるゲストルームへと退散することに。王子のこと、もっと紹介したかったけど、なんだかできなかった。

・・・・・・・・・・・・・

部屋に入ったら王子も私もバタンだった。となりで大きなイビキが聞こえてた。

・・・・・・・

・・・・・・・・

私はいつもの癖で5時すぎに目が覚める。一瞬、ここはどこ?状態になる。2度寝しようかと思ったけどあまり眠くないのでごろごろしながらテレビを見た。8時過ぎ、王子も起きてきて、近くを散歩した。

蝉の合唱の向こうで、近未来チックな背の高い建物がいくつもそびえたつ風景はなんだか不思議だった。缶コーヒーだけ買って戻ってきた。それにしても、さいたまも暑い。名古屋の暑さの種類とはまた少し違う感じがしたけど。

・・・・・・・・

10時。チェックアウトと同時にちーころちゃんファミリーと一緒に今日から開催だというお祭りに行く。アジアンな屋台が軒を連ねているこの祭り、食いしん坊の私にとってはたまんない。王子と一緒にあれもこれも食べてたら、あっという間にお腹がいっぱいになってしまう。頭は「もっと食べたい」を言ってたけど、胃袋が着いていかなかった。これも歳のせい。791 写真:タイ屋台にて。タイダック(あひる)ご飯とパッタイ 大好きなパクチーがのってる

ちょっと心残りだったけど、ちーころちゃんファミリーとはここでバイバイということに。心残りというのは、「屋台料理をもっと食べたい」というのと「あー、もっとおしゃべりしたかったぁ」という両方。

昔からの友人というのは、なんだか家族みたいだし、会えばあの頃の空気にすっと戻れる感じも、ある意味気をつかわなくていいから楽チンだ。

王子が「お前たち、久々に会ったっていう感じしないな」ってちょっとうらやましそうに言ってた。そう、なんだかお互い慣れ親しんだ空気みたいな関係だから。

「また来るね」ってまるで明日また遊びにくるみたいにバイバイして別れた。ちーころちゃんとご主人と、その間で海翔が手を振ってた絵に、お互いあれからいろんな歴史を刻んだというリアルな現実を想ったりした。月日はいつの間にか流れたのね。808 写真:帰りに海翔からもらったチョコ。しっかりちゃっかり本人が印刷されてます♪かわゆい。

・・・・・・・・・・

・・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

次に向かったのは、新大久保。いつのまにか名所となってしまったコリアンタウン。予約してた三鷹の宿にいったん荷物を置いて、電車で向かうことにした。今日は食べて飲んだくれてと決めてたから、車は置いていくことに。

王子と初めて一緒にのった山手線は、自分の中で昔と今が混じり合っていてなんかおかしな感じがした。学生の頃の私を隣で覗かれてるような、、、そんな気分だ。車内は昔よりもずっと近代的になってたので驚いた。駅に到着したときに流れる音楽は昔と同じだった。

・・・・・・

新大久保の駅は若い年頃の女子であふれてた。その中にときどきち歳を重ねた感じの女性の姿もチラホラ。王子くらいの歳の男子はほとんどいない。

・・・・・・・・・・・・・

796 美味しそうな匂いのするお店に入った。ちーころちゃんところで食べたアジアンがまだ消化しきってなかったので、胃にやさしいものとを、「サムゲタン」を注文する。王子は生を私はゆずの入ったマッコリを。テーブルには頼んでいないのに、たくさんのお惣菜が運ばれてくる。これも韓国流。

そんなのをちびちびつまんでたらグツグツいいながら鍋が運ばれてきた。「おぉ~~~」と思わず出てしまう。実はサムゲタンは初体験な私。

795 丸鶏の中にはもち米が詰めてあって、ナツメ、ニンニクなども入ってる。高麗人参なんかは入っていなくてどちらかというと日本人向けなのかな。塩味がとてもいい。シンプルなんだけど鶏もうま味を存分に楽しめる感じ。もちろん胃にもやさしい。

暑い夏を乗り切るために韓国人はあえてこの熱い「サムゲタン」を食べるという。これは夏の食べ物らしい。

う~ん、たしかにこれは熱い食べ物だけど、食欲が落ちるこの時期にはバツグンな御馳走なり。王子は水キムチを頼んでくれて箸やすめに食べたが、これがまた普通のキムチよりもやさしくて、サラダみたいで美味しかった。

・・☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*・・・・・・・・・・

まだこのあと、新大久保食べ歩きツアーは続いたですが、今日はこのへんで。しゃべり出すと止まんないのが私の悪い癖。

続きは明日の日記に。

写真のお店:コリアンダイニング おんどる

         http://www.e-ondoru.com/

|

« 予定のある日 | トップページ | 新大久保レポ。そして吉祥寺ハモニカ横丁 »

コメント

短い時間だったけど、楽しかったよ!!
ふわふわかまぼこも、スモークも美味でした。ありがとうね!!

今度はゆっくり、渋滞にハマらずに来てね(笑)
ケーキちゃんとゴリエにも(良かったら長芋振り回す柴ちゃんも)声かけるからさ。

投稿: ちーころ | 2011年8月14日 (日) 14時48分

>ち~ころちゃまへ♪

ほんといろいろ手配してくれたり、、、なにからなにまでありがとっ♪

楽しかった~(*゚▽゚)ノ


また行くから♪(◎´∀`)ノ
ケーキちゃん、ゴリエちゃん、柴ちゃんにもよろしくね♪


そしてそして
絶品餃子の準備をしてくれた番長と、ますますかわゆくなってく海翔にもよろしくお伝えくださいまし~♪

投稿: メロディ♪ | 2011年8月14日 (日) 19時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/41192059

この記事へのトラックバック一覧です: ちーころちゃんちへ。そしてそのあと。:

« 予定のある日 | トップページ | 新大久保レポ。そして吉祥寺ハモニカ横丁 »