« 暑い日。野菜を買いに | トップページ | 作ることは楽しい。そしてありがとう »

2011年7月15日 (金)

おてんとうさまはあいかわらず眩しかったけど木々の間を抜ける優しい風が心地いい一日だった。家じゅうの窓を開けて風の道を作った。鳥たちのさえずりと近所の子供たちの声に安らぎをおぼえた。。。

けどやっぱり台所だけは「暑い」がこもってた。扇風機の風は熱いし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

休みの日は時計を気にせず寝てる王子がめずらしく自分からむくっと起きた。するっと着替えて朝ごはんも食べずになにやら作業を始めた様子。

私のほうは洗濯や掃除や台所仕事をいつもみたいにこなした。すると・・・

鼻の先にツンとくるペンキの匂い、、、、、。

・・・・・・・・・・・・・・・

  王子が玄関の扉を塗ってた。

早起きの理由はこれだった。

前々から「なにかひとつ、外から見たときのポイントが欲しいよね。思わず開けてみたくなるような扉とか・・・。」と王子に話してたのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・

出来栄えというのは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  

  なかなかです!

  ポップでキュートな感じになりました。

「これからは初めて来るお客さんに赤い扉を目印に!と伝えられるね。」と王子。ちょっと満足げな表情。何か身近なことを達成したときのすがすがしい顔をしてた。

私もなんだか嬉しくなって店の前を何往復も言ったり来たりした。

・・・・・・・・・・・・・・・

この家に来たばかりのときは、私の知らない王子の過去がいっぱい詰まったこの場所が痛くてたまらなかったけど、少しずつ自分たちの手で新しいものが塗り替えられていくこの感じが今は好き。

王子の過去の家族たちの写真が普通に飾ってあったりはするけれど、、、ピンポーンとドアチャイムが鳴って外に出たとき、前の奥さんではなくてびっくりされるときもあるけど、、、、以前の家族への郵便物も普通に届いたりするけれど、、、今だに奥さん宛の電話がかかってきたりもするけれど、、、

そんなことなんかどうでもいいと思えるくらいにはなってきたもの。そういう出来事をちょっと遠くで見られるようになった、、、みたいな。

ものごとは少しずつだけど確実に進んでいくものなんだと思えた。そして些細なことでいちいち反応してしまう自分みたいな人間の面倒を見てくれる王子には感謝だな。

・・・・・・・・・・・・・・・

「扉を塗った」ということで自分の中にあるものが少しだけ変化したような気がした。胸の奥につかえていたものが少しだけほどけたような。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・

扉というものにはきっとなにか深い意味があるのだと、、、。

そしてまた何かが動き始めるときなのかも。

・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

さて。ちょっとだけ新しくなった気持ちでキッチンに立とう。ヘ(゚∀゚ヘ)

・・・・・・・・・・・・・・・

完成の様子はもうひとつのブログに載せてまーす♪

|

« 暑い日。野菜を買いに | トップページ | 作ることは楽しい。そしてありがとう »

コメント

昨日の夜、うぉ~きんぐしてて前を通ったんだけど、なんか違和感があったの!!あれ?なんか赤い感じがするけど気のせいかなって思ってたんだけどこれですっきり!可愛いですなぁ~赤!
次は水玉にしてみよう!

鶏スープ、作ってみたよう!もも肉に塩して・・・。あとは自己流だけどめちゃ美味しかった!!食欲のいまいちな旦那君は、出来立ての暑いのをそうめんでたべて、明日冷たいの食べるから残しといて!!っていってました。冷たいのも美味しかった!

投稿: yuki | 2011年7月16日 (土) 11時43分

>yukiちゃんへ♪
うふうふ♪さっそく見てくれたんだね。
いいでしょっ、かわゆいでしょっ、オサレでしょっ♪( ̄▽ ̄)
手塗りだから近くで見ると「手作り感」満載なのよ。
またこれがいいのだよヘ(゚∀゚ヘ)


鶏スープ、この季節いいよね♪
私のここ最近の常備菜なんだぁ。
最初の「塩」はやっぱりポイントだよね。鶏独特の臭みが抜けるもん。
モモ肉一枚につき小さじ1くらいがいいみたいだよ。(これもいろいろ試してみた結果)


追伸
水玉はヤダよーだ(○゚ε゚○)

投稿: メロディ♪ | 2011年7月17日 (日) 08時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/40831278

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 暑い日。野菜を買いに | トップページ | 作ることは楽しい。そしてありがとう »