« ゴハンの国の人 | トップページ | マラサダ作った »

2011年7月23日 (土)

長男の電話

久しぶりに聞いた電話口の長男の声。おもいきりオッサンみたいになっててびっくりした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・

千葉の実家から電話があった、エイジがこっちに来ていると。夏休みで暇をもてあましてたんだろうな。

・・・・・・・・・・・・・・・・

エイジは長男。中学3年になる。

小さいころは、しょっちゅう熱を出す子で、近所の小児科の順番取りに並ぶのが毎朝の日課だった。

そんなエイジも小学校にあがるとたちまち体も丈夫になって、やんちゃぶりもすごかった。

小学校の入学式の集合写真はクラスでひとりだけ頭に包帯をぐるぐる巻きだったのも、当時のやんちゃぶりを物語ってる。実は入学式の包帯ぐるぐるは、なぜかそのあとの次男も三男もそうで、この3兄弟の伝説だったりするのだけど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とにかく正義感が強くて曲がったことが大嫌い。そのへんはいかにも長男の性格っぽいところ。相手が仲のいい友達であろうと、先生であろうと、彼の哲学に反するものに対しては決して容赦しなかった。

そのへんの不器用さは、今のいかにもな学校教育の枠にははまらなくて、、、、。学校からは何度もお呼びがかかったものだった。

私は奴がどんな行動をとろうとも奴の味方だった。とりあえず迷惑をかけたであろう親御さんたちや、先生方には深々と頭を下げた。

だけどどんなときも奴を信じる気持ちは揺らがなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつも坦々としていて、大きな木の幹みたいな子。いつだって物事に対してどっしりと構えてる。

けして多くを語らず、どちらかといえば内に秘めるほう。

そんなエイジは、私があの家からいなくなったときでも、自分で希望の中学を決めて受験して合格して、今最後の中学校生活を送ってる。

背は183センチと聞いている。きっと厚みもあるんだろうな。

近いうち会えるかな。こんな母ちゃんのこと許してくれるかな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

受話器を置いていろんな想いがあふれてきて、、、、

ちょっと苦しい。

|

« ゴハンの国の人 | トップページ | マラサダ作った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/40934797

この記事へのトラックバック一覧です: 長男の電話:

« ゴハンの国の人 | トップページ | マラサダ作った »