« 暑い暑い。 | トップページ | ヒヤヒヤだったぁ。 »

2011年6月23日 (木)

夢の中のこどもの私

午後の陽だまりに寝転んだらあっという間に深いところにいった。。。夢を見た。

夢の中の私は3,4歳くらいだった。

母ちゃんにおんぶしてもらって、その背中ですぅすぅ寝息をたててる自分がいて。ちょうど日が落ちるころで町も人もみんなオレンジ色に染まる、、、そんな時間だった。このままずっとこうしていたくて、、、けど、ものごとにはなんでも終わりがあるという切なさも小さい私はわかっていて・・・。

そんな夢だった。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

子供の頃の夢はよく見る。

いつも場面は違うけど、父ちゃんや母ちゃんの温もりにいつまでも浸っていたい気持ちと、だけどいつかこれも終わるということの現実と、小さい私はいつも両方を抱えながら夢の中にいるのだ。

小さい頃の私は、まさにこういう感じだった。子供のくせしてそういうところだけはみょうに大人だった。楽しいこと、嬉しいことにも必ず終わりがあることを知ってたし、そのときのこの世のおわりみたいな空しさも知ってた。今思えば、へんに冷めた子供だった。

・・・・・・・・・・・・・・・

そしてこの歳になっても自分の中には「こどもの私」がいて、その子がいつも淋しそうにしていることもよくわかっていて。ふと夢に出てきたり、何気ない日常で味わう感情がこどもの頃とまったく変わっていないこととか、、、そういう場面場面でその子に出会ったりする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前は、「こどもの私」を「おとなの私」が温めてあげようと思ったこともあったけど、今はそうは思わなくて

さびしがり屋のこどもの私にも、ちゃんと見守ってくれた父ちゃんと母ちゃんがいて、だから私は大きくなったし。 昔は、どうしてこんな淋しい想いをしなきゃならないのかと周りを責めまくった時期もあったけど、そういういろんな感情の経験をさせてもらえた子供時代は今思うとけっこう貴重だったなと。

・・・・・・・・・・・・・

今でも子供の頃の様々なシーンがはっきりとした色をもって私の中にはある。

歳を重ねれば重ねるほどそれが輪郭をもって、鮮明になってくるよう。意味なく歳はとらないもの。意味なくおばはんにはならないもの。そういうものなのかも。

そしてときどきそんな昔を夢の中でなぞる今の私がいて。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

宝ものみたいなものなのかも、、自分にとって「こどもの私」は。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・

さきほど現実の世界に戻ってまいりました。今日はMちゃんのモーニングコールです。(モーニングという時間じゃないけど)

裏の田んぼで蛙の合唱。

|

« 暑い暑い。 | トップページ | ヒヤヒヤだったぁ。 »

コメント

水曜日のチーズケーキおいしかったよう!
今日ランチ予約のA子ちゃんも羨ましがってました。

まだまだお客さん呼び込みまっせ~。
あの人やあの人や・・・。あの人も!

そのうちうちの旦那君と行くっす。ごはん大盛りでおねがいします。

投稿: yuki | 2011年6月24日 (金) 09時32分

>yukiちゃんへ♪
いつもありがとう♪

これからも私のめんどうをよろしくです(○゚ε゚○)

そういえば・・・
昨日はA子ちゃんたちにすっかり助けてもらったのよ。
お皿まで片付けてもらったし、(というか、私が手伝わせてしまったのだ)
彼女にもよろしく伝えといて♪

yukiちゃんも、A子ちゃんも
みんな大事な友達よ、私にとって゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

旦那ちゃん大盛りで了解だわよっ♪

投稿: メロディ♪ | 2011年6月25日 (土) 08時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/40523095

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の中のこどもの私:

« 暑い暑い。 | トップページ | ヒヤヒヤだったぁ。 »