« 眠いから今夜も閉店 | トップページ | 晴れのち曇り。ときどき蛙。 »

2011年6月 8日 (水)

昼寝そして寝坊

眠れない夜が続いてる。布団に入っても頭の中はやけに冴えてて次から次へと思考がまわる。たぶん、どうでもいいようなことしか考えていないと思うけど。裏の田んぼの蛙の合唱と王子の寝息だけが暗い部屋に響いてる。早く眠りにつきたいのにひとりだけ取り残されたみたいになる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

窓から差し込む日の光と小鳥たちのさえずりが同時に朝を連れてくる。今日はいい天気になりそう、と思うと中途半端な眠気も一気に吹き飛ぶ。そんな朝が好き。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

午前中は家事をこなしランチのしたくをしたりと、どこかにあるシナリオでもなぞるみたいにテキパキとカラダも気持ちも動いた。最近になってようやくこの家でお店している自分の位置みたいなのが少しずつ輪郭を持つようになってきた。これもうちに来てくれるお客さんがそうさせてくれたんだと思う。ありがたいな。お客さんなんだけど自分にとってはみんな友だちみたいな人たち。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日はめずらしいお客さまが来てくれた。どこかで見たことあるなぁ~と思ったら、このお店を立ち上げるときにいろいろ親身になって一緒に考えてくださったお役所の方。

「偵察に来たんですか?」と思わず聞いてみるとどうやらプライベートみたいな雰囲気。きれいに召し上がってくださって、帰り際に「がんばってくださいね」って温かい言葉をもらった。それってお役所の人のセリフみたいだなと少し思ったけど、その言葉の柔らかい感じとか人間っぽい感じとかでセリフじゃないってわかった。すごく嬉しかった。

そんなふうに思うと、、、、

こどもだって、おとなだって、凡人だって、社長さんだって、総理大臣だって、、、 みんな必ずゴハンを食べる。そんなゴハンを通してたくさんの人たちとココロのコミュニケーションをとりたい。ゴハンを通して等身大の自分を伝えたい。想いを伝えたい。

そんなふうに思った。ゴハンってすごい。「食べること」って尊い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

午後はどこまでも眠った。夜のぶんまで眠った。

この陽だまりが安心する。なにか優しいものに包まれてるような温かい感触とこの時間。

そしてまたしても友達の電話で起こされる。やっぱり寝坊。

聞くところによるとモーニングコールじゃなくて偶然かかってきた電話だったようだけど、この電話がなかったら果てしなく眠り続けてたと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし寝起きというのはどうしてこういうどん底みたいな気持ちになるんだろう。空しさばかりが押し寄せてくる。自分がこの世で一番の罪人になる時間。早く王子帰ってこーい。

キッチンに入ったけど作業がすすまないな。

夏休みの子供企画でも考えよう。

|

« 眠いから今夜も閉店 | トップページ | 晴れのち曇り。ときどき蛙。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/40322805

この記事へのトラックバック一覧です: 昼寝そして寝坊:

« 眠いから今夜も閉店 | トップページ | 晴れのち曇り。ときどき蛙。 »