« ここは大阪?!それとも韓国?! | トップページ | なるほど~な出来事 »

2011年6月20日 (月)

ナナメのち晴れ。

部屋の中の洗濯もの、なかなか外に出せないそんな日。そろそろおてんとうさまが恋しくなってきた。そんな中、田んぼの蛙たちだけは雨音をバックに歓喜の歌を賛美してる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

月曜日はななめ。

午前中は買いものに出た。車から降りるときのんびりしてたらびしょぬれになるくらい雨の勢いだった。傘を開くのがめんどうだし、たぶん置いてきてしまうだろうから傘なしで走った。子供のころから靴下のかかとが足の甲にのっていても気にならないくらいの自分だからこういうことも気にしたことない。昔は母ちゃんに「もっときちんとなさい」みたいなことをよく注意されたけど、今は王子が母ちゃんと同じこと言う。ということは、そういう部分は昔からちっとも治っていないということだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

買ってきた材料で仕込みを始めた。雨音と一緒に。

そんなとき友だちから「今日やってますか」のメールをもらって「今開けたよ」の返信をする。この店の気まぐれ具合とか、すぐにぐにゃぐにゃになる自分のこととかそういうことをよく知ってる友だちならではのメール。

その瞬間、元気が製造されて頭の中でお皿を組み立てようとする自分がいて。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

友だちが来たのと同時に雨音も消えていった。遠くのほうでぴぃぴぃと幼い鳥の愛らしい声がおっかけてきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴハンのあとにいろんな話をした。チャーミングで柔らかい印象の彼女だけど、芯にあるものがものすごく強くてたくましくて、、、、、。そういうのをものすごく近いところで感じてたら思わず私のほうが泣いてしまったり、、、。「感じる」ということを大事にする彼女が、今までの人生の中でいったいどれくらい多くの感情のシーンを積み重ねてきたんだろうかとか、そういうことを思ったら自分の中がチクチク反応したのだ。

自分は彼女と同じ気持ちになることはできないし、たぶん彼女の気持ちを理解することもできないけど、

やっぱりそこには温度というものがあって、そういう言葉のむこう側にあるものを感じたときにいろんなことを思う。

そんな温度を共有できたような気がした。ちょっと切なくて、、でも温かいものを。

「言葉」というものが安っぽく感じられる瞬間。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

夕方はやっぱりお客さんの電話で起きた。

その前に王子が何度も電話したみたいだけど、まったく気づかず寝てたというのだから相当深いところにいたみたい。

いそいでしたくして今夜のメニューも決めてさぁ開店。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あれ?

お店の看板が外に出してある!しかも夜の営業のほう、ちゃんと表にしてある!

あ。

昼間来た彼女がやってくれたのかな。

もぉー。まったく憎たらしいやつばっか。

|

« ここは大阪?!それとも韓国?! | トップページ | なるほど~な出来事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/40480580

この記事へのトラックバック一覧です: ナナメのち晴れ。:

« ここは大阪?!それとも韓国?! | トップページ | なるほど~な出来事 »