« ばかやろーと言いたい | トップページ | 「気づき」とは »

2011年5月12日 (木)

お出かけサンドイッチ

一日雨。

部屋には運動会の万国旗みたいに洗濯ものが斜めに渡してある。早くおてんと様出てこーい。

北名古屋市 北名古屋市

今日は親友のMちゃんが鬱々の私を外に連れ出してくれた。

昨日、私と一緒になって「ばかやろー」をしてくれた彼女です。

晴れない空と冴えない自分。一日中ひとりで過ごしたらどうにかなってしまうんじゃないかと正直不安だったところにMちゃんからの電話。

いつも憎たらしいほどのタイミングで救ってもらってる。

家まで迎えにきてくれてさっさと助手席に乗り込む。こういうずうずうしさもMちゃんにだからできる。

たくましい運転さばきのMちゃんの横で私はひたすらしゃべってた。学校から帰ってきた子供が台所仕事する母ちゃんの横でその日の出来事を報告するみたいに。

何からしゃべったらいいのかとか、そういうことをまったく考えることなく、思ったことをひたすら並べる。

Mちゃんのうなずきとか、相づちとか、そういう温度感に慣れ親しんでる自分は、彼女がただ「うん、うん」と言ってくれるだけで、その気持ちを共有してもらってるという安心感に包まれるのです。

ずーっとおしゃべりしてたから、高速道路を降りて三重県に入ってたことなんか全然気づかなかった。

どこに連れていってくれるのかなーと思いながら到着した場所は

   サンドイッチの有名なお店。

「やったー!」。ここのところよそで食べるものといえば、もっぱらサンドイッチかおにぎりの私。どうしてMちゃんがそのことを知ってるのかなと思ったら、前もって王子から聞き出してたみたい、最近の私のマイブーム。 まったく憎たらしいったらありゃしない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お店の入り口を入ってすぐのショーケースには、何十種類もの色とりどりのサンドイッチがズラリ。目移りしちゃう。

そんな中で私は野菜のたっぷり入ったサンドイッチをチョイスして、おまけにスープとサラダとドリンクも頼んだところで、Mちゃんがご馳走してくれるとのことだ!私の誕生日祝いにだって。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

具のたっぷり入ったサンドイッチをほおばりながら、おしゃべりの続き。

何をしゃべったかよく覚えていないけど、2時間くらいは経ってたみたい。コーヒー1杯で数時間ねばれるおばちゃん連中を信じられないとか言ってた自分もこのときばかりはそんなふうになってました。

そしてお互いの温度を共有できた私たち。

カウンセラーどうしのおしゃべりっていうのは、カラダのどこか深い部分が刺激されるみたいなこの感覚がすごくいい。自分で話しながらも、それを客観的に見てるもうひとりの自分がいるっていう方式が自然に出来上がっている感じ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帰りも家まで送ってもらった。

「もう着いちゃった」と 何か楽しいことが終わっちゃうときのあのなんとも言えない淋しさがやってくる瞬間。

「Mちゃん、ありがと」とサラリと言って別れた。そしてよけいなところに気持ちが流れる前に夕方の買いものに出た。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんなときに王子から電話がかかってきて私は今日の楽しかった出来事を報告した。

そのときの自分も「小学生」になってた。お父ちゃんの横で学校での一日を聴いてもらうみたいに。そしたら王子は「そっか、よかったねぇ」って、お父ちゃんみたいな温かい言葉が返ってきた。

そんなお父ちゃん(王子です)には、そこのサンドイッチ屋さんの名物「納豆コーヒーゼリーサンド」とやらをお土産に買ってきました。お父ちゃんのびっくりする顔が見たくて。私は食べたくないけど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それにしても一日がこんなにも短く感じるなんて。

ここ2,3日晴れなかった気持ちに、ちょっとばかし日が差してきたみたい。

さて。今夜はお店を開けよう。

|

« ばかやろーと言いたい | トップページ | 「気づき」とは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/39962958

この記事へのトラックバック一覧です: お出かけサンドイッチ:

« ばかやろーと言いたい | トップページ | 「気づき」とは »