« ケンカ。 | トップページ | ココロは複雑・・・。そしてぴょんぴょん娘。 »

2011年3月 9日 (水)

私のミートソーススパゲッティ

目覚まし時計よりも早く起きた。

小鳥のさえずりは、いかにも春という軽やかな感じなくせに、外は冬みたいに寒くて。空気がピンピンにとがってる感じ。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日久しぶりにミートソースを仕込みました。

今まで私が作っていたのは「ボロニェーゼ」。今回作ったのは「ミートソース」です。

同じものなんだけど、私の中のイメージとしてはまったく違うものです。

作りながらいろいろ思うことがありました。ふと母の作ってくれたミートソーススパゲッティを思い出したのです。

料理の得意でなかった母の数えるほどしかないレパートリーの中のひとつだったんです、ミートソースが。

母はいつもなんにも考えずに大量にスパゲッティーを茹でておりました。そしてしっかりと茹でたそのスパゲッティをおもむろにザルに上げて、食べるぶんだけとって、それを鉄のフライパンでマーガリンと一緒に炒めていくんです。あまったスパゲッティは次の日必ずたっぷりのマヨネーズと野菜と一緒になってサラダになって食卓にのぼっておりました。

別の片手鍋では缶詰のミートソースを温めます。ママの絵がかいてあるやつです。そしてその時、母はいつも庭の月桂樹の葉っぱを摘んできてその中に一緒に入れていたのを覚えております。台所じゅうに漂っていた当時なじみのないハイカラな香りは、今でも、私がトマトソースなんかを仕込むたびにふと思い出して温かい気持ちにさせてくれます。

これが私の食べていたミートソース。すごくありきたりな味なんだけど、ココロにしっかり刻まれてる味で、今の私を作ってくれた味。

そう思ったときに、「私が作りたいのはボロニェーゼじゃなくってミートソースなんだぁ」ってことに気づいたんです。

さすがに缶詰は使わないけれど、あの懐かしい味のする昭和な感じのミートソースが作りたくなりました。

香味野菜を刻んで、こがね色になるまで炒めて、ひき肉も焼き付けて、赤ワイン入れてアルコールを飛ばしたあとに、トマトソース缶を煮詰めて、ケチャップやデミグラスをちょこっと加えたりしたら、子供のころ食べたあの味に近づきました。505

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

最近、料理しながら思うんです。

自分が作りたい味って何だろう、、、って。

めちゃめちゃ美味しいものは、ちょっとお金を出せばいくらでも食べられるんです。だけど私は高級料理も作れないし、手の込んだ料理も作れません。

私しかできないこと、私が私であるということ・・・・、それを表現することがここに居る意味なのかなって、思ったりしてます。

味覚っていうのはおもしろいものです。舌だけでなくてココロにも刻まれているものなんです。だから、うちに来てくれたお客さんに名刺を渡す感じに自分は料理をこしらえようといつも思います。「私ってこんな感じです、、、」みたいなニュアンスがそのとき伝わったらうれしいです。

だからこれからも、今の自分に刻まれたものを大事にしつつ、その味覚の世界を広げていくことにも努めていきたいです。その幅を広げていくのは、人生の幅を広げていくこととたぶんおんなじだと、今の自分は思ってます。

|

« ケンカ。 | トップページ | ココロは複雑・・・。そしてぴょんぴょん娘。 »

コメント

明日はopenしてますか??お昼いきたーい。

投稿: yuki | 2011年3月 9日 (水) 17時37分

>yukiちゃんへ♪
こんばんわぁ( ̄▽ ̄)


ありま。
木曜日のお昼と日曜日(ときどき気まぐれもあり)、、、うちお休みなのよん。せっかく連絡もらったのにごめんね。。。
だけど嬉しいー♪

また待ってまーすヽ(´▽`)/

投稿: メロディ♪ | 2011年3月 9日 (水) 18時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/39163671

この記事へのトラックバック一覧です: 私のミートソーススパゲッティ:

« ケンカ。 | トップページ | ココロは複雑・・・。そしてぴょんぴょん娘。 »