« もくらんの大将来る。 | トップページ | 女三人寄れば・・・な嬉しいできごと。 »

2011年2月17日 (木)

久しぶりの美容院。

いつもよりもちょっぴり早めな朝にこの日記を綴っております。

どこかのお寺の鐘がごーーんと厳粛な音色を暗闇に響かせる様は、夜の終わりを告げ朝を知らせてくれる。今日という日の始まり。

5つ音を数えた頃に、その余韻の中にこの身体全部が溶け込んでいくようになる。すべてが一体化したときに、ココロは「無」になるような、、、そんな感覚。

まだ外は暗いけれど、朝はゆっくりと動き始めているんだな。

昨日はランチタイムのあとに、数ヶ月ぶりかの美容院へ行ってきた。

円形脱毛症になっちゃってから、すっかりご無沙汰してたのだ。なかなか行く勇気も湧いてこなかったので。

けど、行かなくなると、髪だけじゃなくて、いろんな部分がおかまいなしな感じになるであろう、そんな自分のこともよくわかっているので、ちょっとこのへんでなんとかせねば・・・と重い腰を上げてみる。。。

  私だって女よ!いくつになったって! 

ちょっとココロのどこかがひきつきながらも、、、ちょっと無理をしながらも、だけど一生懸命そんなふうに気持ちを立て直してみる。

  「あのぅ、、、、ハ、ハゲちゃってるんだけど、髪やってもらえる?」

なんかもう、「ハ」の部分から先がなかなか言い出せなくって。

すると、栗色の髪をふわっと後ろに束ねた柔らかそうな女の子がスタスタと私の横に来て

  「はい、大丈夫ですよ」

ってすごく自然な感じで微笑みながら返してくれた。そんなことぜーんぜん気にしなくても大丈夫ですよ、、、みたいに

なんだか彼女の笑顔にココロがあったかく包まれた感じで。「ありがとね、じゃ、よろしく」って言ったときは、さっきの何倍もでっかい声になってたと思う、私。

自分の娘ほどの歳の差は、まるで母子のやりとりっぽくも感じた、実際に娘は産んだことないけど、もしいたとしたら、娘と母親っていうのは、こんな感じなのかな、、とも思ったりした。若い子と話すと、ついつい我が子のように相手と接してしまう自分っていうのは、やっぱり「お○さん化」した証拠なのかしら。

美容院での2時間は、あっという間だった。髪を洗ってもらうとき、爆睡だった。なんだか夢まで見てた。この夢がしばらく覚めませんよーにと、ココロのどこかでお祈りしてたと思う。

最後に女の子に髪を結って欲しいとお願いをして、彼女の好きなようにおまかせして髪を編んでもらうのが毎回の楽しみでもある。自分の髪がどんなふうになるのか、、、というよりも、「まかせるね」という私の言葉に美容師さんが反応して活き活きとしてくる様を見ているのが楽しくでしょうがないのだ。その子がその子っぽくなれる瞬間なんだと思う、それって。

なんだか癒されて帰ってきた。

なにか人にやってもらう、、、っていうのはいいものだなー。きっとこういう感覚がなくなっちゃうと、自分の中身がカスッカスになっちゃって「人に与える」ということができなくなっちゃうんだろーな。

ときどきこうやって、自分の中をホカホカに満たしてあげるのって大事なんだな。

なんとなくピンク色な気持ちで今日は過ごせそう♪

名古屋は曇ってます。洗濯物は干せるかな。

|

« もくらんの大将来る。 | トップページ | 女三人寄れば・・・な嬉しいできごと。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/38903768

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの美容院。:

« もくらんの大将来る。 | トップページ | 女三人寄れば・・・な嬉しいできごと。 »