« 愛情食べ物をちょーだい♪ | トップページ | 雪降る名古屋の朝から。 »

2011年1月30日 (日)

Ray姉さま来る♪

Ray姉さまが来た。東京からの夜行バスに乗って。

午前7時。飲み会は始まった。

姉さまが持ってきてくれたルーマニアのワインで宴が始まる。

なんとも不思議な時間からの宴ではあったけど、私達にとっては不思議でもなんでもなくて、

あえて、そんな時間から乾杯できることに感謝さえ覚えた。

姉さまは、その業界でも有名な「食」のスペシャリストでもあり、いろんな著書も出されているくらいスゴイお人なのであります。

姉さまとの付き合いは結構長くて、それこそ独身時代のワタシのことも、最初の結婚のことも、そして当時のお相手のことも・・・・

いつもどこかでワタシの人生を見ていてくれる親友のような恩師のような、、、自分の人生にとってはすごく大事な人。

お互い住んでいるところは離れているけど、ココロの距離はものすごく近いような、、、そんな関係でもあったりする。

今回 2年ぶりくらいの再会で、その間にも姉さまもワタシも色んなことがあって、山盛りの出来事を伝えるのにはぜんぜん時間が足りないくらいだった。なんといっても、姉さまは人のココロの引き出しを開けるのが得意なので、ワタシもホイホイと、その引き出しの中身をさらけ出してしまったほど。

ちょっぴり恥ずかしいようで、、、だけど開けてもらって楽になったようでもあり・・・。

姉さまが帰った今、ココロの中はパニックになってます。タンスの中身はぐちゃぐちゃ状態。

そしてなんだか泣けてきて

どーしよーもないことになってる。目はパンパンだし。

自分の過去の想いをあらためて姉さんの前にポンと出してみたときに

それがすごく清らかなものになっていて、自分でも驚いた。

キレイごとでもなんでもなくて、そんなふうに自分は変化していったんだぁ、って素直に思えて、ちょっとびっくりもした。

時間っていうのは、ただただ意味なく流れるものではなくて、

そこになにか神さまの意図が溶け込みながら流れていくものなんだ、っていうことも感じた。それは目にはみえないけど、ほんとはすごいことなんだ、ってことも。

きっと人はそうやって常に変化していくものなのかも。むりやり変化させるのではなくて、時間っていうものに自分の身もココロもゆだねてみたときにはじめて実感できること。

なんかいろんなことを感じすぎてオーバーヒートしてます。頭から煙が出てるかも。

姉さまが家に着くのは深夜なのかな。帰りは映画観ながらのバスって言ってたから。

今日はワタシの「寂しい病」の原因を赤ワインの中でさんざん議論してみたけど

結局、そのナゾは解くことができず・・・

だけどこうしてやっぱり青い感情の大波が打ち寄せてきたときに、素直に「寂しい」って言える自分は、その病をあえて解決する必要もない、って思ったりもする。それはすごく自然なことだし、そこから感じることのほうが波の高さよりもデカイかも知れないし。。。

姉さま、ありがとう。ワタシは幸せです。。。

|

« 愛情食べ物をちょーだい♪ | トップページ | 雪降る名古屋の朝から。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/38670870

この記事へのトラックバック一覧です: Ray姉さま来る♪:

« 愛情食べ物をちょーだい♪ | トップページ | 雪降る名古屋の朝から。 »