« ガラムマサラ作りにハマる。 | トップページ | Ray姉さま来る♪ »

2011年1月28日 (金)

愛情食べ物をちょーだい♪

「誰かが作ってくれたものが食べたーい」

最近、思うこと。

朝、昼、晩、深夜(食べすぎです) 自分の作ったものを食べる。

あたりまえのことなんだけど、脳味噌のどこかが何かを欲しがってるんだ。

夕方のスーパーで出来合いのお惣菜をしこたま買い込んだ。

青菜の和え物、ポテトサラダ、コロッケ、筑前煮、おから煮、、、。

目の前に広げて、王様気分で食べてみる。

なかなかの味付け。ポテトサラダなんか、どうしてこんなふうにしっとり、ねっとりできるか、、、これを作ったどこぞやのおばちゃんに(おじちゃんかも知れない)に教えてもらいたいくらい。

白いごはん片手に、久しぶりにガッツリ食べた。

だけど、なにか物足りない・・・・。なんだろ。

お腹はいっぱいなのに、脳味噌のどこかが満たされていないよーな。

美味しかったのに、ココロのどこかがまだ何かを欲しがっているよーな。

きっとこういうものを、毎日食べ続けていたら、ワタシの脳味噌とハートはカサカサに乾ききってしまうんじゃないかな、なんて思った。

母ちゃんのおにぎりを思い出した。

働きものの母ちゃんの手は、ゴツゴツしてた。そんな手でにぎるおにぎりは、ちょっと大きめ、だけどガブっとほおばるとほろほろとくずれてしまうくらいに、ゆるーくにぎってある。それを絨毯みたいにでっかく広げた海苔の真ん中にのっけて、ぎゅっと包み込んであるのだ。だから米粒が見えない真っ黒けなおにぎり。

いつも炊飯器の中のほかほかのご飯でにぎってくれた母のおにぎりは、海苔の香りがふわぁ~っと立って、母が作るどんな料理よりもワタシの記憶の中にはしっかりと残ってる。

あー、食べたい!母ちゃんのおにぎり。

「食べる」ということは、作ってくれた人の愛情も一緒にいただくということなんだろー。

愛情が詰まってる食べものは、たとえそれがおにぎりであろうとも、息子が家庭科で習って家で作ってくれた焦げすぎた野菜炒めであろうとも、、、、味付けがどーどとか、見た目がどーだとか・・・そんなこと関係なくって

  無条件にココロが満たされる食べ物なんだと思う。それがご馳走なんだと思う。

誰かの作ったものが食べたいだなんて、

今のワタシは「愛情食べ物」に飢えてるんだろーか。。。。

そーだ  明日は王子に得意のマーボー豆腐を作ってもらおう。(王子はこれしか作れません。だけど絶品!)

ここのところ、ちらほらとやってきてくださるお客様の「美味しい」の声を聴くと、その場でジャンプしたくなるくらい嬉しくて、

同時にますますワタシの中の「作りたい病」もむくむくと沸き立ってくるのであります。

誰かこんなワタシに愛のおにぎりをちょーだいっ。

|

« ガラムマサラ作りにハマる。 | トップページ | Ray姉さま来る♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/38651630

この記事へのトラックバック一覧です: 愛情食べ物をちょーだい♪:

« ガラムマサラ作りにハマる。 | トップページ | Ray姉さま来る♪ »