« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月22日 (水)

今日も元気☆アクアパッツァのおまじない

一週間くらい前に

大事な友達とモメてしまったんですね。。。。゚゚(´O`)°゚

原因は、この私・・・。

あるひとつの出来事が原因で、相手を傷つけてしまうハメになっちゃったんです。ごめんなさいしても、もう遅いんです。

メロとしたことが・・・・あ~~~~ん(p´□`q)゜o。。

と・・・・

この一週間は、反省の日々・・・。

だけど

自分は前を見て歩いていかなくてはいけないものね。ごめんなさい・・・の気持ちを忘れずに、だけど進まなきゃいけないものね。落ち込んでばかりもいられないもの。

今、ちょっとづつ、また歩きはじめてます♪

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

Bastabasta_126_3  アクアパッツァ☆

メロのブログでは、もう何度も登場してますね~。

大好物なんで~すヽ(´▽`)/

小ぶりな鯛を買ってきましてね・・・。

塩、胡椒して小麦粉はたいて表面焼くんです。そこに、水、白ワイン、ドライトマトや、貝、そしてケッパー、オリーブなんかも入れて、軽く煮込んだらできあがりshine

カリカリにトーストしたバケットを浸して食べたら・・・・白ワインも止まらなぁ~ぃ(゚▽゚*)

食欲も出てきたし・・・元気な証拠!

そしてそして・・・

メロを立ち直らせてくれたもうひとつのものがあるんです・・・・。

それは息子1号が書いた一枚の絵を見てのことなんです。

彼の枕元には、いつもスケッチブックが置いてあって、きっと寝転びながら描いているのでしょうね。

その絵・・・・というのは

『未来のボクの部屋』

なるものでした。

まず、それは地下室なのです。

そしてその部屋の中に入るためには、「指紋センサー」→「眼球センサー」→「4桁の暗証番号」・・・・

その3段階を経て、やっと部屋に入ることができるんです。

部屋の中には、ロボットがいたり、大きなソファーが置いてあったり・・・・作品作りの好きな息子専用の大きな作業机も置いてあるんです。

そんなのが、事細かに一枚の絵のなかに収められておりました(o^-^o)

いいね・・いいね・・・♪

夢を見ることの大切さを、再確認shine

そ~だよね♪

夢は見るものじゃなくて・・・・かなえるもの(◎´∀`)ノ

大人になると忘れちゃうんだよね。っていうか、なんとな~く流されちゃうんだよね。だってそのほうが楽チンだから。

12歳の息子から元気をもらいました。明日もがんばろ~shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

ひな鶏の悪魔風!!!

ごぶさたしちゃっております♪

一昨日は、毎年恒例の「名古屋祭り」のイベントで

栄のど真ん中で、踊ってまいりましたヽ(´▽`)/

フラメンコ♪♪♪

夕方の肌寒くなる時間帯のステージだったので

長袖の衣装にしました♪袖の水玉のフリフリが、メロのお気に入りです♪

ここ毎月のようにイベントが入っていたので、当初1時間かかっていたメイクも、今では20分くらいで仕上がるようになったんですよ~(*^-^)

つけまつげバッサバサ!コワイ?!自分の顔、見るのにも慣れましたぁ♪

人前で踊るということは、自分って人間を見てもらうわけで・・・・

そう思うと、踊りももちろんのこと、

日々、自分って人間を磨いていかなきゃいけないな~

なんて、思う次第でありま~す♪また、ガンバロっ(*゚▽゚)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Bastabasta_123_6

 仏産 ひな鶏の悪魔風♪

今、お店のおすすめでお出ししておりま~す♪

「悪魔風」???

だ、なんて・・・・ちょっぴり怖い名前が付いておりますが、

これもイタリアっぽいオモシロイエピソードにもとづいているんですよねぇ

一羽の鶏を開いた形が、まるで悪魔がマントを広げたような雰囲気に見えるところから名づけられた・・・っていう説。

また、唐辛子など、ピリピリスパイシーな味付けをして、口から火を噴きそうな悪魔な感覚?!から名づけられた説。

いろいろ、いわれはあるみたいです。

まぁ、今では、表面を、こんがりと炭火やグリルで焼き上げた鶏料理を「悪魔風」(ディアボラ)っていうみたいですけど(o^-^o)

さすが~~~♪食いしん坊のお国!イタリア!って感じですね♪料理のネーミングも遊び心がいっぱ~ぃheart04

ぜひ!食べにおいで~~~~~;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »