« 中国四川料理「川菜」さんにて。 | トップページ | 今夜のおすすめ・・・「トリッパの煮込み」 »

2007年1月19日 (金)

お饅頭一個の旅^0^

長男は今、4年生になるけれど、1年生の頃から、近所のおいしい和菓子屋さんに、ひとりで出向いて、お饅頭1個だけ買って帰ってくるというような、実にグルメな(ただの食いしん坊?!)ちびっ子でした。「ママぁ~、お饅頭買いに行ったら、お茶とお菓子、出してくれたよぉぉ~」なぁんて、喜んで帰ってくる長男をほほえましくも思いながら、おまんじゅ一つで、こんなサービスをしてくださるお店の方の温かさを感じずにはいられませんでしたぁ。

そんなお兄ちゃんの話を聞いていた三男(チビ)も、今は一年生です。「おまんじゅ、買いに行くぅ!」突然、言い出したもんだから、

「じゃぁ、初めてだから、お兄ちゃんに連れて行ってもらいなぁ!」・・・と、私。

チビは次男に声をかけたんです。

次男は「分かったぁ!」・・・と言いながらも、途中まで行っては、何度も戻ってきてしまって、しまいには、「もう、行かない!!」って投げ出してしまったんです。どうやら、お茶菓子を出されるっていう、大人な雰囲気が、兄弟一、恥ずかしがりやの彼にとっては、なんとも照れくさかったみたい・・・。もちろん、チビは大泣き!です。「お兄ちゃんが一緒に行ってくれなぁい~」ってね。

それを見ていた長男が、「じゃぁ、一緒に行こっ!」って、泣いているチビの手を引いて、2人で和菓子屋さんへ・・・。

数分後、ニコニコしながら、二人は帰ってきました。手には、いただいたお菓子を握りしめておりました。

Bastabasta_112_2 チビも、ちょこっとだけ、お兄ちゃんになった気分^0^。もう涙はありません。

こぉんな、お饅頭の旅は、わが息子たちにとって、ちょっとした冒険旅行でもあります。ちなみに、次男はあの後、しばらく机の下にもぐったまま、出てきませんでした・・・。

そぉんな・・・1個80円のかわいい物語なのでしたぁ・・・。

|

« 中国四川料理「川菜」さんにて。 | トップページ | 今夜のおすすめ・・・「トリッパの煮込み」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/4986453

この記事へのトラックバック一覧です: お饅頭一個の旅^0^:

« 中国四川料理「川菜」さんにて。 | トップページ | 今夜のおすすめ・・・「トリッパの煮込み」 »